コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Panasonicの外でもドアホン SWH705KS は宅配便受取に便利かも
電車に乗っていた時に気づいた広告「Panasonicの外でもドアホン SWH705KS」。

VL-SWH705KS__6365.jpg

なんと、ドアホンがスマホと繋がっていて、スマホでドアホンに応対できるようです。

つまり、外出中でも例えば宅配便が来た事が分かるようです。

最近ヤマト運輸が、宅配便が多すぎてもう無理、、、という新聞記事を見かけましたが、こういった仕組みで不在者持ち帰り宅配が減るとよいですね。

外にいた時に宅急便が来たら「玄関に置いておいて」と言えば再配達も不要ですしね。

家の前で不審な動き(人が長時間留まっているetc)があれば自動的に録画して、スマホから見れる、という事ももしかしたら出来るのかもしれません。
そうすると防犯面でも安心ですね。

ドアホン SWH705KS


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

低温調理法で調理する「Anova Precision Cooker」
最近とても気になっているアイテム、「Anova Precision Cooker」。



低温調理法という調理をするための機械。

ジップロックなどの食品保存袋に材料を入れて、お鍋の中に一緒に放置しておけば「Anova Precision Cooker」が湯音を一定に保ってくれて料理が作れてしまうという優れもの。

「Anova Precision Cooker」は料理をしてくれるのではなく、温度を一定に保つという役割のみ果たします。なので、お肉や野菜を低温調理できるというだけのシンプルなモノ。

ネックなのは価格が高いということ。
2万円以上します。

ただ、この夏、Nanoヴァージョンが出て100ドルを切る値段のものが出るみたいですので、待ち遠しいところ。

Anova to make a cheaper version of its sous vide immersion circulator

低温調理法で加熱すると、今まで個人では非常に難しかったローストビーフなども非常に簡単に作れてしまうそうです。




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

無印の「豆から挽けるコーヒーメーカー」が気になる
昨年くらいから発売が待たれていた、無印の「豆から挽けるコーヒーメーカー」型番:MJ‐CM1。

MJ-CM1.jpg

遂に2017/1/31から予約開始となったのですが、、、、

≪2017年2月2日更新≫
現在、ご好評につき予約の受付を終了しております。
予約再開の有無につきましては、こちらのページでお知らせいたします。


人気すぎる。

シンプルなデザインに加え、機能も徹底的に絞られて必要最小限の機能に抑えられたこの商品、豆から挽けるコーヒーメーカの割に非常に低価格。32000円。

機能はシンプル、といってもタイマーが付いており、例えば朝の指定した時間に自動でコーヒーを淹れる事が可能なのです。
これは良さそうですが、はやく予約再開にならないか待ち遠しいです。

豆から挽けるコーヒーメーカー 型番:MJ‐CM1


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。