FC2ブログ
コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モニュエル ロボット掃除機
ロボット掃除機と言えば、アイロボットのルンバが有名ですが、対抗馬として押さえておきたいのが「モニュエル」。



この秋日本で発売された「クレモン MR7700シリーズ」ですが、ルンバとはまたひと味違う機能を備えています。

センサーで室内の状態を検知し、自動で掃除するというのはルンバと同じですが、付属の「モーションコントロールリモコン」を使って、本体を操縦して掃除できる点がルンバとは異なります。

リモコンには傾きを検知するジャイロセンサーを搭載していて、手首をスナップさせることで、電源のON/OFFや、本体の前進、後退、停止を操作できるそうです。

掃除が、家族で楽しめる遊びに変わるという点がユニークですね。

別売りですが、ハンドル型の「ハンドルリモコン」というのがあり、スムーズな方向転換ができるようになっているみたいです。まるでラジコンを動かすみたいな感覚でしょうか。

ちなみに、モニュエル(MONEUAL)は、韓国に本社を置くIT家電企業ということです。

コーポラに入居したら掃除機は是非とも自動化したいと思っています。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

無垢フローリングドットコム
我がコーポラでは、フローリングとして無垢材を使うことに決めています。

コーポラを申し込むまで知らなかったのですが、無垢材というのは天然の木材のことで、合板(集成材)ではないという意味です。特定の木の名前ではないです。

ですので無垢材といっても色々な木(カバ、ブナ、松等)の材質があります。

無垢材と合板を比べると、当たり前ですが、無垢材の方が値段は高くなります。

しかし、無垢材がいい点は色々とあり、まずは質感が違うということと、フローリングの上を歩いた時の感触が当然無垢の方が良いです。

また、無垢材は接着剤等はほとんど使いませんので体にもやさしいです。

無垢材フローリングを販売している所は色々とありますが、ネットで無垢材のフローリング専門店を見つけましたので、ショールームに行ってきました。

無垢フローリングドットコムさんです。

muklier.jpg

渋谷の南平台(道玄坂に近い)にあるのですが、そこには色々な種類のフローリング木材を置いています。無垢専門なので、合板は置いていません。

ショールームと言っても、室内は狭いので、無垢フローリングが敷き詰められているということはなく、小さいサンプルが数多く棚に置かれているというショールーム。

室内に展示されているサンプル材は多いのですが、床暖房対応の無垢材は少ないとのこと。

床暖房を入れる場合、選択肢はかなり狭まってしまいます。我がコーポラではエアコンを付けない予定なので、床暖房は必要かなと考えています。それに合う無垢フローリングは選択肢が10個程に狭まってしまいます。

幸い、ちょうど良さそうな無垢材を見つけたので、それをベースに考えたいと思います。値段が安いので、安く無垢フローリングを手に入れたい方にはおすすめできます。

無垢フローリングドットコム


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。