コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ルイスポールセンが10月1日から値上げ
PH5シリーズで有名な照明器具ブランド、ルイス・ポールセンが10月1日から値上げだそうです。

louis_poulsen.jpg
(写真はヤマギワさんからお借りしました)

PH5というのは↓のライトです。インテリア雑誌とかで必ずと言っていいほど見るライトです。




値上げ幅は、数%ですが、高価なモデルになると結構な値上げとなるので、購入予定の方は値上げ前に購入しておいた方が良いです。

PH5のクラシックの値上げ額ですが、
値上げ前:88,560円
値上げ後:89,640円

と、値上げ額は僅かになってますが、PH50だと
値上げ前:95,040円
値上げ後:105,840円
と、その差は1万円。

モデルによっては今買ったほうが良いです。



例えば現在コーポラティブハウス建設中で、入居が可能になったら家に是非入れたいと思っているのであれば、買うのは今です。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

そういえば、「照明デザイン 究極ガイド」を買っていた
「コーポラティブハウスに住みます」のcouporaさん、「コーポラ・コム」のきっくさんのブログでも紹介されていたこともあり、私も「照明デザイン 究極ガイド」を買っていました。

Lighting_0158.jpg

しかし、ちょうどその頃忙しかったこともあり、本棚へ。

インフィル設計も終わってしまいましたが、今日気づきました。

住宅から商空間までこれ1冊でOK!というサブタイトルの通り、これ1冊で照明のことはほぼほぼ網羅できそうです。

今更ながら中身を見てみると、まずは照明設計者による技術解説から始まり、照明デザイン実践テクニックが48個掲載されています。

商業空間の事例も多いのですが、一般住居、とりわけコーポラに住む方にとっては一般住居よりも商空間寄りの空間を求める方が多いので参考になるのではないでしょうか。

一例を挙げると、、、
・天井を照らす演出をしたい
・空間にメリハリをつけたい
・電力使用量をもっと減らしたい

とかとか。

設計中に見ておけばよかったな、と後悔しました。

これからコーポラを設計される方は、目を通しておいて損はない本だと思います。できれば設計中に…




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

louis poulsen(ルイスポールセン)のライト
このブログで何度か取り上げてきた、鳥取西町コーポラティブハウスモデル事業ですが、ついに全住居入居者が決定したそうです。

なかなか入居者が集まらず、やはり地方では難しいかも、とここで書いてしまいましたが、無事に入居者が集まったと言うことで地方でもコーポラに興味を持つ方がいるということが分かりました。

今回は県主導で進められてきた感じですが、民間主導でこの後続いていけばいいですね。

鳥取西町コーポラティブハウスモデル事業 入居者が決定しました!


さて、我が家では照明計画について最終調整をしているところですが、なかなか難しいです。

実物の家がまだできていないのでどれくらいの照明器具を入れればいいのかが確証を持てないためです。

パナソニックのショールームなどでプランは作ってもらいましたがそれを基に最終決定するのは自分達なので果たしてそれでいいのか、多すぎやしないか、足りないかもしれない、など色々と考えています。

家が出来る前に決めなければならないため、最後住んでみてどうしようもなければ、外付けの照明を入れるしかありません。

候補としていいな、と思ったものがあったのでメモ代わりに。

louis poulsen(ルイスポールセン)のライト。


デンマークの名門陶磁器メーカー、ロイヤルコペンハーゲンなどからプロダクトを発表しているOle Jensen(オーレ・イェンセン)によるOJシリーズというのがありますが、金属的な冷たさは感じさせないデザインが結構好きです。

「OJ Floor Lamp」というソファやイージー・チェアのそばにおいて使うリーディング(読書用)ライトを、据え付けの照明の光量が足りない場合に入れるかもしれません。



OJ Wallという壁付けライトも寝室用にいいかもしれません。




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。