コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新建築 2015年2月号 集合住宅特集
今月2月は雑誌、「新建築」にて半年に一度の 集合住宅特集が組まれる月です。



私はまだ中身は見ていないのですが、ウェブで目次を見ることができます。

【建築論壇】座談会:情報が社会を創造するーービッグデータがもたらす建築・都市への可能性=小渕祐介(東京大学教授)×高松誠治(スペースシンタックス・ジャパン代表取締役)×豊田啓介×南政樹(慶応義塾大学SFC研究所上席所員) 司会:アラステア・タウンセンド

主な収録作品:
集合住宅特集
・御徒町のアパートメント=長谷川豪建築設計事務所
・尾山台のコンプレックス=アトリエ・アンド・アイ 久野靖広研究室
・飯田橋サクラパークーー飯田橋グラン・ブルーム パークコート千代田富士見ザ タワー=日建設計・前田建設工業飯田橋駅西口地区市街地再開発事業施設建築物実施設計共同企業体
・3×3 CUBE・椎名町=横河健+永尾達也/横河設計工房
・アリウェイ戸越=駒田剛司+駒田由香/駒田建築設計事務所
・Sugar=千葉学建築計画事務所
・オンザパーク=苅部寛子+吉川真理子
・QUAD=カスヤアーキテクツオフィス
・赤羽の集合住宅=KUS+team Timberize
・江南ハウジングA3ブロック=山本理顕設計工場+Ga.A Architects
・ゆいま~る高島平=瀬戸健似+近藤創順/プラスニューオフィス
・堀川出水団地第1棟・第2棟 改修=アール・アイ・エー(設計) 馬場正尊+大我さやか/Open A(実験住居内部改修設計)
・SHARED HOUSE 八十八夜=2.0不動産
・城野団地リノベーションプロジェクト=都市再生機構(事業計画)+馬場正尊+平岩祐希+大我さやか/Open A 嶋田洋平+重矢浩志/らいおん建築事務所 北九州家守舎(企画・設計)
・大阪ガス実験集合住宅NEXT21=大阪ガス(総括) 大阪ガス 大京 近鉄不動産 集工舎建築都市デザイン研究所 岩村アトリエ KBI計画・設計事務所(設計)
・KGMコート=設計組織ADH
・大槌町大ケ口一丁目町営住宅=都市再生機構 久慈設計(基本設計) 積水ハウス  東照建設 日本住宅・まるたに商事経常建設共同企業体(実施設計)
女川町営運動公園住宅=都市再生機構 山設計工房(基本設計) 竹中工務店・仙建工業建設工事共同企業体(実施設計)
・南三陸町 町営入谷復興住宅=都市再生機構 遠藤剛生建築設計事務所(基本設計) ナカノフドー建設・志津川建設工事共同企業体(実施設計)
・多賀城市営桜木住宅=都市再生機構 アルセッド建築研究所・関空間設計設計共同体 窓建コンサルタント(基本設計) 鴻池組・橋本店建設工事共同企業体(実施設計)


記事:団地ストックを活用した地域医療福祉拠点の形成ーー多様な世代が生き生きと暮らし続けられる住まい・まちづくりを目指して=荒尾栄二
記事:震災をバネに進むまちの再生 若者や移住者と地域を繋ぐISHINOMAKI2.0の取り組み 渡邊享子
インタビュー:北九州市中心市街地と団地の暮らしを繋ぐ関係性のデザイン 嶋田洋平
記事:災害復興公営住宅の現状と進捗 東日本大震災発生から4年


震災復興関係で、復興住宅関係が多く取り上げられているのが気になりました。コーポラティブハウスは見たところ紹介されていないように見えました。ただ、集合住宅特集ということで、これからコーポラの設計に入る方には参考になる事は多いと思います。

早速本屋さんでチェックしてみてください。




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

新建築 2014年8月号 ~集合住宅特集~
早いもので8月です。

8月といえば、雑誌・新建築の「集合住宅特集」が組まれる月です。



私はまだ中身は見ていないのですが、新建築社のウェブで目次を見ることができますので、目次を見ました。

主な収録作品:
【建築論壇】
座談会:弱い枠組みがつくるタフな空間と社会 他者を許容する建築の可能性
青木弘司×猪熊純×仲俊治×門脇耕三
記事:再び都市に向き合うための建築的実践
ネットワーキング・アーバニズム試論 連勇太朗
主な収録作品:
柏の葉スマートシティ ゲートスクエア=團紀彦建築設計事務所 錢高組 石本建築事務所 東京大学キャンパス計画室(清家剛)・同施設部+上野武/上野藤井建築研究所
集合住宅特集:他者との関わりをデザインする
亀甲新=東 環境・建築研究所/東利恵
十津川村復興住宅=アルセッド建築研究所
シェアフラット馬場川=前橋工科大学石田敏明研究室 石田敏明建築設計事務所+タノデザインラボ
花畑団地27号棟プロジェクト=都市再生機構東日本賃貸住宅本部 藤田雄介/Camp Design 山設計工房
コーシャハイム千歳烏山住棟改善モデル事業=青木茂+雨宮知彦/首都大学東京 東京都住宅供給公社+軽石実一級建築士事務所+メジロスタジオ
福祉楽団 地域ケアよしかわ=KONNO+日本工業大学金野研究室
千駄ヶ谷 緑苑ハウス=青木茂建築工房
調布の家=青木弘司建築設計事務所
神明町の戸建て=モクチン企画
食堂付きアパート=仲俊治・宇野悠里/仲建築設計スタジオ
青豆ハウス=ブルースタジオ
LINO=長田直之/ICU
kotoriku=平田晃久建築設計事務所
APARTMENT N=藤村龍至建築設計事務所
鹿手袋の長屋+鹿手袋の離れ=藤野高志/生物建築舎
西大泉の集合住宅 ATRIA=谷内田章夫/ワークショップ
浦和の集住体=フィールド・デザイン・アーキテクツ
早稲田大学中野国際コミュニティプラザ=石本建築事務所
パークタワー東雲=清水建設


新建築などの建築雑誌を見ることで、設計面において新たな気付きを得られる事が多いので、コーポラを建てようと思う場合には、是非一読してみることをおすすめします。





「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

世界でいちばん住みたい家。 【PEN】
Pen (ペン) 2014年 4/1号は家特集。

「世界でいちばん住みたい家。」



20組の家の中の様子が写真とともに紹介されています。

当たり前ですが、20組の家があれば当然20通りの間取り、インテリアがあります。今回の特集を見て、やはり家はその人のライフスタイルを反映しているのだな、と感じました。

家の中で自営で仕事をされている方は当然、仕事と結びついたインテリア、設備になってきますし、音楽好きであれば音楽中心のインテリアで構成されていきます。

今回見た中では、1組だけコーポラティブハウスの家が掲載されていました。

持ち家ではなく賃貸とのことでしたので、設計から関わってはいないと思いますが、既にある間取りをうまく利用したコーディネートをされていました。スキップフロアのコーポラでしたが、部屋と部屋がドアではなく、階段でつながっているというものなので開放感があっていいですね。

理想の家を作るのはまず自分のライフスタイルを見つめ、何が必要で何が不要かを見極めること。何でもかんでもというのは予算も限られる中無理なので、無駄を削ってこれだけは必要というものを取り入れて行くことが必要です。

分譲マンションはあくまでも誰にとっても必要と思われるものを取り入れた間取りとなっているため、誰にとっても住みやすい家かというとそうではないと思います。

分譲マンションはモノによっては要らないものも含まれていますので、住みたい家を作りたいのであれば一戸建てか、コーポラティブハウスを選ぶのが良いと思います。




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。