コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Panasonicの外でもドアホン SWH705KS は宅配便受取に便利かも
電車に乗っていた時に気づいた広告「Panasonicの外でもドアホン SWH705KS」。

VL-SWH705KS__6365.jpg

なんと、ドアホンがスマホと繋がっていて、スマホでドアホンに応対できるようです。

つまり、外出中でも例えば宅配便が来た事が分かるようです。

最近ヤマト運輸が、宅配便が多すぎてもう無理、、、という新聞記事を見かけましたが、こういった仕組みで不在者持ち帰り宅配が減るとよいですね。

外にいた時に宅急便が来たら「玄関に置いておいて」と言えば再配達も不要ですしね。

家の前で不審な動き(人が長時間留まっているetc)があれば自動的に録画して、スマホから見れる、という事ももしかしたら出来るのかもしれません。
そうすると防犯面でも安心ですね。

ドアホン SWH705KS


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

自転車壁掛け MIKILI
自転車壁掛けとして、我が家はCyclocを導入しましたが、調べてみると他にもおしゃれな自転車壁掛けアイテムがあることを知りましたのでご紹介します。

MIKILIというブランドの自転車壁掛けです。ドイツの会社のようです。

SLIT,TIAN,KAPPOという3つの壁掛けタイプがあります。

SLITは下の写真のように、壁から90度に突き出た板の上にフレームを載せるタイプ。自転車を載せない時は畳むことができて場所を取りません。
SLIT-white-web-02-566x415.jpg


TIANは下の写真のように、壁に取り付けられたボックスの上にフレームを載せるタイプ。ボックスの中には色々な自転車用小物を収納できるので何かと便利です。
TIAN_Oak_white_web_01-566x415.jpg


KAPPOは下の写真のように、こちらも壁に取り付けた変形ボックスの間にフレームを載せるタイプ。自転車のヘルメットや、本も収納できたり、色々な物を置くことができます。
mikili_kappo_weiss_white_web_1-566x415.jpg

Cyclocを買う前にMIKILIの壁掛けを知っていたら、こちらを買っていたかもしれません。デザイン的にはCyclocよりも秀逸だと思います。

値段を見てみましたが、

SLIT:195.00 €
TIAN:345.00 €
KAPPO:349.00 €

最近の円安により、KAPPOに至っては5万円くらいしてしまいます。値段は高いですが、部屋にしっくりと馴染むので壁掛けを選ぶのであれば候補の一つにしても良いと思います。

MIKILIのウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

リンナイの食洗機「RKW-403A-SV」の使い勝手について
我が家に入れた設備類の中で、今日は食洗機について書きたいと思います。

食洗機を入れるか入れないか、最後まで予算との睨めっこで考えあぐねていたのですが、結論としては食洗機を導入しました。

そして、入れたのはリンナイです。

型番は「RKW-403A-SV」というモデルです。

rinnai_wash_machine_0078.jpg

rinnai_wash_machine_0079.jpg

食洗機を検討していた最初の方は、海外ブランドの食洗機をメインに考えていましたが、インフィル価格が予想を大幅に超えたため、泣く泣くAEG、ミーレ、ガゲナウなどの海外ブランドの食洗機は諦めました。

で、リンナイの食洗機は実際使ってみてどうなのか、という話になりますが、残念ながらあまり使えない、という感じです。

理由としては、

①思った以上に皿が入らない(パスタ皿が入らない。カタログで謳う40点も収納できるとは到底思えません。。。)

②洗い終わるまでに時間がかかる(3時間くらい?)

③騒音が気になる

④洗えてないことが多い

というところが使えないと考えている理由となります。

①については幅というより、深さが足りないです。ミーレなら深さもあるので問題ないと思われますが、日本製の食洗機は深さが足りないです。

②については、食洗機全般に言えるかも知れませんが、洗い終わるまでに非常に時間が掛かります。電気代はどれだけ掛かっているのでしょうか。。。

③については、めちゃくちゃウルサイという訳ではないですが、テレビを見たりするのにはちょっと気になりますね。

④については、皿の入れ方にも問題があると思いますが、お椀型の皿の洗いが甘いことが多いです。当然コメは落ちません。

また、我が家ではお湯を使わなくても水で皿が洗える春~秋にかけては手洗いしているので、実質食洗機をメインで使うのは水が冷たい冬だけです。

考えるに、リンナイの食洗機に問題があるというより、食洗機という設備自体が我が家にそもそも必要なかったということかもしれません。

1点、重宝しているのは、コップの洗い上げについて。食洗機の洗い上げは手洗いに比べると格段に素晴らしいものがあります。これだけでも買った甲斐があったと思うべきかもしれません。

リンナイの食洗機のウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。