FC2ブログ
コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代沢テラス 【アーキネット】
きっくさんのブログに先を越されてしまいましたが、アーキネットから新規物件の案内がありました。

「代沢テラス」です。井の頭線「池ノ上」駅から徒歩6分

このあたりは私は結構馴染みがありますが、いい所ですよね。

以下、物件概要を紹介します。

--------------------------------------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐project‐‐‐‐-------
■代沢テラス
・計画地:世田谷区代沢の高台。京王井の頭線「池ノ上」駅より徒歩6分。
・環境:昭和初期分譲の清風園を中心に風格と落ち着きを漂わせ、政財界の要人や文豪の邸宅街としても有名です。
・周辺:買物にも便利な下北沢まで徒歩約10分。駒場公園、駒場野公園、東京大学と緑も近く、自転車に乗れば、渋谷、
    代々木公園、原宿とそれぞれ10分前後という位置です。
・設計:d/dt(予定)。弊社でも恵比寿、柿の木坂、用賀、桜新町と実績があります。
・プラン:計13戸。エントランスとエレベータを備えた4階建て、全戸南向きです。
     間口をたっぷりとったフラットプラン主体、メゾネットプランには奥行3mの広い庭が続きます。
・専有面積:60-105平米。2住戸分を併せたプランも可能です。
・想定予算:4000-7000万円台(基本プラン)です。

・ご案内:5月4日・5日の連休の間に限り合同説明会を開催し、それ以降は個別相談会にてご案内いたします。
     期間限定、先着順の募集ですので、お早めにご来場・ご検討下さい。
http://www.archinet.co.jp/p/20021194/
からプラン等、詳細の情報をご覧いただけます。よろしくご参照下さい。
個別相談会のお申し込みもこちらからお願いします。


配置計画として、
・東西30m、南北10mの細長い建物とし、南に約3.5m、北に5~6mと後退距離を大きくとる。
・南北の隣接地の庭とともに、大きな空間ができ、採光と通風が確保できる。

ということです。

敷地条件を見ると、南北に空地があり、隣家とはかなり空いている状態だと思います。

エレベーターも設置されるとのことなので、将来まで住み続けられそうです。

2戸を合わせて1戸としてしまうことも可能とのことで、コーポラならではのプランですね。このあたりは閑静な住宅街なのでとても住みやすいのではないでしょうか。

ところで話は変わりますが、アーキネット代表の織山さんは本を出版されているそうです。

最新刊「東京 いい街、いい家に住もう」NTT出版
子育てしやすい街、老後も健康で生きがいの持てる街とは?




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

Artis(アルティス)ショールームが六本木に移転
西新宿のOzoneにある、浴槽ブランドのアルティス(Artis)ショールームが六本木に移転するようです。

移転のお知らせのハガキが家に来ていました。

アルティスの浴槽は、高級なアクリル素材を使っているので、汚れに強いとショールームの方から以前聞きました。艶感も普通のアクリルよりも出るので美しさはあります。

ただ、お値段が半端なく高いので、現在の浴槽の候補からは外れています。

アルティスのバスタブはジェットバスが多い(ノーマルタイプもあり)ですが、家でジェットバスに入るかというとそれ程使わない気がします。

ジェットバスのタイプになると、金額がぽーんと50万円くらい上がってしまいます。とても自分の予算には組み込めそうもなかったと言う思い出があります。


移転のお知らせハガキを捨ててしまったので移転先は不明です。ホームページにはまだ情報がアップされていませんが、そのうちアップされると思います。

Artisホームページ(ショールーム)


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

ゼロワンオフィスのYoutubeチャンネル
yamagiwaのサイトを見ていたら、BALMUDA (バルミューダ) 「 GreenFan 2 (グリーンファン2)」という扇風機が欲しくなりました。

扇風機というと国内家電メーカーのものはかなりダサイです。しかし、このバルミューダは、デザインセンスが国内メーカーにはないくらい良く、部屋に置いておいても絵になると思います。また、電気代がほとんど掛からないと言う点もかなりGOODポイントです。

値段が高いのが難点ですが、それを上回るほどの良い点があると思います。



ダイソンの扇風機もいいですが、GreenFan 2のほうが実用的な気がします。




さて、Youtubeにゼロワンオフィスのページが開設されていました。

コーポラ物件をYoutubeで発信しようという新しい試みです。コーポラ業界では初めての試みではないでしょうか?

実際にYoutube見てみましたが、いまいち動画で物件を紹介するメリットを感じませんでした。

手作り感が出てしまっていて、本来伝えたいはずの洗練されたデザインセンスのいい物件であることを伝え切れていないような気がします。

成城ローハウスプロジェクトや葉山プロジェクト、雪谷大塚プロジェクトの紹介を動画で行っていますが、成城ローハウスが一番良いと思います。ただし、無音なので、少し音楽を付けたほうがいい気がします。



ゼロワンオフィスのYoutubeチャンネル


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

代田タウンハウス 【アーキネット】
アーキネットさんから中古物件が出ました。

世田谷区は代田にある、代田タウンハウス。

daita_house.jpg

来週ゴールデンウィーク初日に販売内覧会があるそうです。

■代田タウンハウス 販売内覧会
・日時 4月29日(金・祝) 10:00-16:00
・会場 代田タウンハウス現地
・内容 竣工済プロジェクトのご入居済み住戸、ご売却物件のご紹介です。
・予約 下記ホームページからご予約をお願いいたします。

□概要
・専有面積 87.04平米
・販売価格 5,680万円
・所在地は世田谷区代田2丁目
・小田急線「世田谷代田」駅徒歩2分、「下北沢」駅徒歩11分
・人気の下北沢エリア、下北沢の街は10分圏内です
・センス良くまとめられたシンプルかつ機能的なインテリアが魅力です。
・下北沢での二人暮らしを楽しみたい向きから、お子様のいる世帯まで幅広くお奨めできるお部屋です。
http://www.archinet.co.jp/p/c008/
からご予約下さい。詳細の情報をこちらからご覧いただけます。よろしくご参照下さい。
オープンルームのお申し込みもこちらからお願いします。


詳細ページから部屋の様子を見ることができます。壁はコンクリ打ちっ放しの部分が多いです。地階もコンクリ打ちっぱなしです。

キッチン部分ですが、足元の白系タイルと黒基調のキッチンのコントラストがとても綺麗だと思います。センスの良さを感じます。

人気の街、下北沢へ徒歩圏内というのが良いですね。それにしても下北沢はコーポラティブハウスが沢山ありますね。

自由が丘しかり、下北沢しかり、吉祥寺しかり、人気の街にはコーポラが多く建てられています。

代田タウンハウスの詳細ページ

代田タウンハウスの間取り


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

塩屋コーポラティブハウスプロジェクト 【キューブ】
最近、我が家は設計中で、色々と設計のことについて考えたりしています。

設計は基本的に建築士の方が進めてくれるので施主側が手を動かすことはないのですが、どういう家にしたいか、の思いは当たり前ですが建築士さんに伝える必要があります。

何パターンか図面を引いていただいて、それについてあれこれ考えるという作業です。

家の動線や、どこに重きを置くかなどを検討する必要があります。

あと意外に悩むのが階段の位置。

コーポラの場合、メゾネットタイプが多いので、階段がある家が多いと思いますが、これをどこにどのように置くかで結構色々と変わってきます。

まだまだ間取りは決まりませんが、そろそろ決めないといけない時期に差し掛かっています。


さて、今日紹介するのは関西(兵庫県)で新規企画中のコーポラティブハウスを紹介します。

神戸市の塩屋というところにできる「塩屋コーポラティブハウスプロジェクト」

【物件概要】
名称 (仮称)塩屋コーポラティブハウス

所在地 神戸市垂水区塩屋3丁目898-1 他(地番)

地目 宅地 

地域・地区 第1種低層住居専用地域

敷地面積 633.22㎡

建ぺい率 50%

容積率 100%

戸数 4戸(予定)

取得目安価格 2700万円台~ (専有面積 80㎡の場合)

事業後の権利形態 土地は専有面積持分比率による所有権の共有、建物は区分所有

設計 株式会社 キューブ

コーディネイト 株式会社 キューブ


海を一望できる家、だそうです。高台に建設されるので目の前は遮るもののない光景が広がるとのこと。羨ましいですね。

旧グッゲンハイム邸という異人館が近くにあるそうです。

標準プランを見てみましたが、UB(ユニットバス)がデフォルトだったりと少し間取り的にはガッカリです。どこまで自由に変えられるのでしょうか。

ただ、取得価格は首都圏に比べると格段に安いですね。80平米で2700万円台~だそうです。インフィルにかなり値段をかけても3000万円台で買えそうですね。

塩屋コーポラティブハウスプロジェクト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

鳥取西町コーポラティブハウス 説明会
以前、このブログで紹介した「鳥取西町コーポラティブハウス」ですが、説明会が4/24に開催されるとのこと。

順調に動き出したようですね。何でも鳥取で初のコーポラティブハウスのようです。

なお、以前の記事で、施工の田中工業株式会社に対して別のリンクを貼り付けてしまっていました。お詫びいたします。

正しくは以下の会社です。

田中工業株式会社

「鳥取西町コーポラティブハウス」、基本プラン図面が公開されていました!

1F平面配置図

2F平面図

6戸の住宅ですが、各住居が独立しています。すべて2階建てですね。コーポラというよりは1戸建てが6戸集まったような感じですね。

都内のコーポラのように、狭い土地に何戸も詰める必要がないので、こういった広い間取りができるのですかね。

■計画概要
名  称 (仮称)鳥取西町コーポラティブハウス
所 在 地 鳥取市西町2丁目410番地の一部
用途地域 近隣商業地域 敷地面積 865.03㎡
事業概要 事業方式 スケルトン定期借地権方式+コーポラティブ方式
募集戸数 6戸 専用住宅 
駐車スペース  8台
トランクルーム 6戸
一戸当りの延床面積  80㎡ ~ 100㎡程度       
分譲価格 一戸当たり 約1800万円~約2300万円程度      
地代 先払地代100万程度 住戸地代月/1万円~1万5千円程度

■想定スケジュール
・H23年4月~ 参加者の募集(随時、説明会の開催)
・7月頃 参加者の決定、組合の設立、基本・実施設計着手
・11月頃 工事着手
・H24年6月頃 完成、入居

詳細ページ


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

無垢フローリングドットコム
我がコーポラでは、フローリングとして無垢材を使うことに決めています。

コーポラを申し込むまで知らなかったのですが、無垢材というのは天然の木材のことで、合板(集成材)ではないという意味です。特定の木の名前ではないです。

ですので無垢材といっても色々な木(カバ、ブナ、松等)の材質があります。

無垢材と合板を比べると、当たり前ですが、無垢材の方が値段は高くなります。

しかし、無垢材がいい点は色々とあり、まずは質感が違うということと、フローリングの上を歩いた時の感触が当然無垢の方が良いです。

また、無垢材は接着剤等はほとんど使いませんので体にもやさしいです。

無垢材フローリングを販売している所は色々とありますが、ネットで無垢材のフローリング専門店を見つけましたので、ショールームに行ってきました。

無垢フローリングドットコムさんです。

muklier.jpg

渋谷の南平台(道玄坂に近い)にあるのですが、そこには色々な種類のフローリング木材を置いています。無垢専門なので、合板は置いていません。

ショールームと言っても、室内は狭いので、無垢フローリングが敷き詰められているということはなく、小さいサンプルが数多く棚に置かれているというショールーム。

室内に展示されているサンプル材は多いのですが、床暖房対応の無垢材は少ないとのこと。

床暖房を入れる場合、選択肢はかなり狭まってしまいます。我がコーポラではエアコンを付けない予定なので、床暖房は必要かなと考えています。それに合う無垢フローリングは選択肢が10個程に狭まってしまいます。

幸い、ちょうど良さそうな無垢材を見つけたので、それをベースに考えたいと思います。値段が安いので、安く無垢フローリングを手に入れたい方にはおすすめできます。

無垢フローリングドットコム


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

コーポラティブハウスが感度良い
コーポラ関連サイトを最近色々見て回っていますが、今日もコーポラ関連サイトを見つけました。

目黒のコーポラを紹介しているブログです。

2-3階のメゾネットタイプのお宅の写真が掲載されています。

ガラス張りの浴室、グレーチング(鋼材を格子状に組んだ溝蓋)の床、斜めの壁など、要所要所が光っています。

ハイアーグラウンドを目指す日々-コーポラティブハウスが感度良い

この方の浴室の隣がトイレですが、この形式我が家では採用すべきか、しまいか悩み中です。

本人だけならいいですが、お客さんが来たときに果たして大丈夫なのかというのが目下の不安です。

特にもし浴室をガラス張りにした時に、トイレはやはり閉鎖された別の場所にしたほうがいいかな、と思っています。

まだ時間はあるのでしばらく考えたいと思います。

グレーチングの床については、我が家でも入れたいところです。

なるべく1Fから光をB1Fに入れるにはこういった工夫をした方が良いと思っています。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

等々力渓谷の集合住宅 【アーキネット】
コーポラの新築予定物件をチェックするのが日課になっています。

既にコーポラに申し込み済みなのですが、それでも他のコーポラ物件は気になります。

立地、価格、専有面積、概要プラン、などなど、ホームページからでも結構な色々な情報を仕入れることができます。

他物件の「価格」については、既にコーポラに申し込んだ今となってはどうでもいいことなのですが、この住所とこの専有面積でその値段!?ということが結構あります。(いい意味の時もありますし、悪い意味の時もあります。)

今日このブログで取り上げるのは、アーキネットさんの等々力渓谷の集合住宅

世田谷区の中でも緑が沢山残っている等々力渓谷。

私は環八の歩道から等々力渓谷を見下ろしたことがありますが、東京とは思えない程の自然が残っています。

その等々力渓谷の側に計画されているのが、この等々力渓谷の集合住宅。このコーポラの端から傾斜地となっており、下には渓谷が広がっているように見えます。

どのようなイメージになるのかは、現地に行ったことがないので分かりませんが、渓谷側は木々の生い茂る風景になると思います。

縦に長い間取りになっていて、好みが分かれる所だと思います。ウナギの寝床的な長方形です。ちょっとコーポラとしてはオーソドックスな設計ですね。

設計士にとっては楽な図面ではないでしょうか。折角のコーポラなのでマンションではあり得ないような、心を揺さ振られる図面を引いて欲しいと私は思います。設計料もそれなりに払うと思いますし。。。


以下アーキネットさん提供情報です。

□概要
・所在地:世田谷区中町1丁目
・交通:東急大井町線「等々力」駅 徒歩5分
・設計:北山恒/architecture WORKSHOP
・全住戸ともメゾネット、二層とも開口部は渓谷に面しています。
 床続きのバルコニーに寛げば、渓谷の清涼なそよ風や葉の触れ合う音も味わえます。
・専有面積:61.65-98.93平米(予定)
・予算:4,835-7,120万円(予定)
・本計画は敷地の一部が都市計画公園の優先整備地域に該当しており、組合設立後に区に売却する予定です。
 従って、一戸当たりさらに数百万円の負担が下がる見通しです。
・総戸数:8戸
・規模:地上3階・地下1階
・駐車場:駐車スペース 3台(機械式駐車場 権利金方式)
http://www.archinet.co.jp/p/20021184/
からプラン等、詳細の情報をご覧いただけます。



「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

コーポラティブハウスに潜入
コーポラティブハウスと言っても世間の人の反応は???な人が8割くらい、いや9割程でしょうか。

とにかく、認知度がかなり低いです。

東京などの都市部では、コーポラの認知度が割と高いほうだと思いますがそれでも8割くらいの方は知らないと思います。

当然、コーポラに関しての情報をウェブに載せている人は少ないです。

ですが、たまたまネットを見ていたら、「コーポラティブハウスに潜入」というタイトルでブログを書いている人の記事にたどりつきました。漢(オトコ)の粋というブログです。

漢(オトコ)の粋-コーポラティブハウスに潜入

かなりの数の写真付きのコーポラ紹介記事になっています。

色々インスピレーションが沸く室内写真でした。1F,B1Fのメゾネットだと思われますが、ドライエリアがかなり広めでうらやましいです。。

B1Fと1Fを繋ぐのが螺旋階段。螺旋階段はコーポラならではですね。

うちも、螺旋階段を入れるかどうか、現在検討中です。

50平米以上の広いリビングだけあって、開放感がかなりあります。

やはり室内は細々とは仕切らず開放感を持たせたほうが気持ちが良いものだと改めて実感しました。

フランクロイドライト タリアセン2が凄い存在感です。



らせん階段を降りた所にある机はビズレーでしょうか。

非常に参考になるブログでした。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。