コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラインド選び
コーポラの設計も半ばに入り色々と決めながら進めています。

ブログ上にまだまだ書ききれていないですが、時間を見つけて書いていきたいと思います。検討途中の覚え書き程度のものも残して後から参照できるようにしていきたいです。

コーポラということもあり、基本的に中をどうしようかは何でもありの世界なので、なるべくマンションチックにならない自由な設計を目指しています。


さて、今回のテーマはブラインド

我が家は1F/BFでメインの居住スペースがBFなので、基本的にブラインド・カーテンは不要と思っています。

が、お風呂やリビングに面したドライエリアがあるので上から覗き込まれると見えてしまいます。

そこをどうするかを現在検討中です。

カーテンでもいいですが、できることならブラインドでかっこよく上からの視線を遮りたいと思っています。

最近はヴァーチカルブラインドが人気のようですね。「コーポラティブハウスに住みます」のcouporaさんもバーチカルブラインドです。

ブラインドメーカーを色々調べてみましたが、国内数社と海外含めても全部で10社いかないくらいですね。(大手のみです。)

国内ブランドは
・タチカワブラインド
・TOSO
・ニチベイ
・ナニック(元はアメリカの会社?木製ブラインド専門)

海外ブランドは
クリエーションバウマン
ハンターダグラス
・FEDE
・MOLZA

国内ブランドのHPを見てみましたが、どれもう~~ん、な感じです。できれば採用したくないです。。。

海外ブランドはさすがデザイン性に優れています。

バウマン。ハンターダグラスあたりとても洗練されていますね。couporaさんはクリエイションバウマンのバーチカルブラインドを設置されています。

リビングのブラインドは色々選択肢はありそうですが、問題は浴室。

海外ブランドで浴室に対応しているというものが見当たりませんでした。

個人的にはリビングのブラインドは無しで、浴室はブラインドを入れたいと考えていますが、候補が見つからない状態です。

まだ調べ始めたばかりなのでこれから色々と問い合わせをしたいと思います。

最悪、ニチベイのセレーノ浴室窓タイプ、でしょうか。。。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

永福町テラス 【アーキネット】
アーキネットさんから新しいコーポラが企画されました。

永福町テラス

以下、概要です。

・所在:杉並区永福2丁目。高台立地の空が近く感じる計画地です。
・交通:京王井の頭線「永福町」駅 徒歩8分。屋上テラス、保育所付きの駅ビルが再開発され、好評です。
・設計:一級建築士事務所 奥野公章建築設計室(予定)
・戸数:全4戸
 ・ぐるりと窓に囲まれた開放感と、ぐるりと壁に囲まれた安心感が共存する、居心地良い住まいです。
 ・自由度の高い、素直でのびやかなプランは、世帯構成や生活様式の変化にもよく対応します。
 ・天井高さは、B1Fで最大3600、2Fで2800mm。大らかな気持ちになれるいい寸法です。
 ・B1Fでは、3面をハイサイドライトにして光や風を導きます。2Fは傾斜天井部にトップライトを計画しています。
・構造:地下1階・地上2階、鉄筋コンクリート構造
・面積:76.53-86.07平米(予定)
・予算:5,560-5,810万円(税・諸経費込)

http://www.archinet.co.jp/p/20021196/


天井高さが高いのが特徴です。各住戸は「半階分上がった1階のフロア」と「3方向に開いた連装窓の大空間フロア」とで構成されています。全4戸というのも贅沢です。

住戸タイプ ドライエリア・バルコニー等(㎡) 専有面積(㎡) 専用面積(㎡) 想定予算(税込)
A 9.87 86.07 95.94 5650万円
B 1.95 76.53 78.48 5670万円
C 1.95 76.53 78.48 5810万円
D 3.24 82.83 86.07 5560万円

どれも5千万円後半です。インフィル入れると軽く6千万円です。ちょっとお高い感じがしますね。

平面図を見てみましたが、正方形の建物をほぼシンメトリーに区切るという図面です。

もう少し図面に遊び心があってもいいかな、という気がします。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

建築家と建てる家 what's going on?
コーポラティブハウスではないですが、建築家と家を建てた方のブログを見つけました。

「建築家と建てる家 what's going on?」

建物自体がユニークでセンスが良いですが、内装も結構こだわって建てられています。

Webオープンハウスという形で、家の中を大胆にも写真で紹介されています。

お風呂場、トイレ、キッチン、ホームシアターなど、色々な設備について詳細に書かれているので、コーポラの内装の設計にも役に立つのではないでしょうか。

コーポラティブハウスでは、色々と決めなければいけないことが多いですが、何を決めるにしろ、まずはどういった選択肢があるのかを知らなければ決めるものも決まりません。

こういったブログを参考にどういう選択肢があるのかを知るのもひとつの方法だと思います。

ブログ主の方は、DIYで壁に穴を開けて自分で取り付けもされていらっしゃいます。
一戸建てだからできることですね。

コーポラの場合、ドリルとかでどこまで穴を開けてもいいのでしょうかね。

組合での相談事項になるのでしょうか。

「建築家と建てる家 what's going on?」


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

I'm home (アイムホーム) 2011年 07月号 購入
I'm home (アイムホーム) の2011年 07月号を購入しました。

Im_home_201107_0025.jpg

今号は数軒の別荘の紹介と、キッチン特集。

キッチンの参考にしたくて購入しました。

I'm home (アイムホーム)は、かなりセンスのいい雑誌で、見ていて色々と参考になります。ハイエンドな雑誌なので、掲載されている住宅はかなりの高級住宅です。

今回特集されていた別荘も、かなりの高級感を醸し出していました。

余裕で1億は越えそう。

眺めながらいつか自分もこんな別荘を、と思いましたがまずは我がコーポラを建てるのが先です。

キッチンですが、色々なキッチンメーカー、主にカスタマイズ可能なキッチンメーカーが
載っていました。

国内のシステムキッチン屋は載っていませんでしたね。

参考になったのはキッチンに付属するコンロ、食器洗浄機、オーブンなど。

ガゲナウ、というドイツのメーカーのオーブンが好感触でしたが、
これはかなり高いです。

オーブンは電気オーブンとガスオーブンがありますが、その違いについて
分かりやすく説明がしてありました。

コーポラを建てなければ決してこんな雑誌は買わなかったと思います。

コーポラを建てる方は一度目にされてはいかがでしょうか。

■アマゾン


■楽天ブックス


ガスオーブンについて少し参考になるページを見つけました。

ガスオーブンのいろは


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

下北沢blocksと下北沢Apartments
コーポラティブハウスの人気の場所:下北沢。

アーキネットさんだけで下北沢に5つのコーポラが建設されました。

下北沢メゾネット・タウンハウス下北沢・下北沢blocks・下北沢helix・下北沢apartments

そのうち、「下北沢blocks」と「下北沢Apartments」について、今日は取り上げたいと思います。

下北沢blocksと下北沢Apartmentsは同じ場所(敷地)に建てられています。

道に面した「下北沢Blocks」はワンフロア、ワンルームの共同住宅。

その奥、旗竿敷地に立つ「下北沢Apartments」は長屋形式のメゾネット住居です。

一つ一つの建物を小さくすることで周辺環境を損なわず、かつたくさんの開口部を設けて、光と風に溢れた内部空間を生み出しているそうです。

=============================================
下北沢Apartments/下北沢Blocks

所在地 / 東京都世田谷区
竣工 / 2010年10月
設計 / CAt 小嶋一浩+赤松佳珠子
構造 / 株式会社構造計画プラス・ワン
プロデュース / 株式会社アーキネット
施工 / 株式会社 辰
=============================================

この2つのコーポラはTOTOとコラボしているようで、TOTOの事例紹介のページにて特集されていました。

TOTO DESIGN SOLUTION

上記ページでは、下北沢blocksと下北沢Apartmentsに使われているTOTO機器が載っています。

ほぼすべての住戸に使われているのが、トイレのネオレストD1 / CES9563RJ。

紙巻器 / YH42も人気です。

浴室・洗面所に目を移せば、浴槽 / ラフィアPHS1508Cの人気も高いですね。

あとは、サーモスタットシャワー金具 / YMHG40CCR。

その他、洗面器、タオル掛け、混合栓などなどの実際に使われている型番が書かれています。

我がコーポラは今後、これらの仕様を決めていく必要がありますので、こういった情報はとても参考になります。国産以外にも海外製品も積極的に取り入れていきたいと思っています。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

大井町ファルベ 【アーキネット】
アーキネットさんコーディネートのコーポラティブハウス、大井町ファルベのうち1戸が新築未入居物件として売りに出されています。

farbe.jpg

大井町は駅前再開発で最近注目されている場所です。JR京浜東北線、東急大井町線、りんかい線の3線が利用できるので交通アクセスは良いですし、小中一貫校など品川区独自の教育制度と、保育制度などの支援が充実した子育てにやさしい街。

アーキネットホームページによると、
所在地は大井3丁目。
大井町駅までは徒歩9分。池上通りから少し入った静かな住宅街になります。
駅前の大型商業施設、区役所をはじめとする各種公共機関が充実しています。
周辺には、保育園、幼稚園が多数所在している他、品川区の充実した制度により子育てに大変やさしい環境です。
とりわけ学校区は、大井第一小学校が第1優先学区、小中一貫校の伊藤学園・小学部が第2優先学区、伊藤学園・中学部が第1優先学区と、品川区でも人気校の学校区になります。


販売されているのは、106 BF-2F 94.13㎡ 6,280万円

BF-2Fと、3層構造となっています。

アーキネットさんのホームページでいくつか部屋の写真をみることができますが、明るく開放的でとても住みやすそうです。最大天井高4.5mのリビングは本当に気持ちがよさそうです。

コンクリ打ちっ放し壁と塗装壁を同じフロア内でうまく使い分けていますね。参考になります。

大井町ファルベ概要
*交通: JR京浜東北線、東急大井町線、東京臨海高速鉄道線「大井町」駅徒歩9分
*所在地: 品川区大井3丁目
*敷地面積: 490.77m2/148.45坪(登記簿面積)
*土地権利: 所有権
*地目: 宅地
*地域地区等: 第一種中高層住居専用地域 建蔽率60% 容積率200%
*構造規模: 鉄筋コンクリート造、地上3階・地下1階建て
*総戸数: 11戸
*駐車場: 機械式駐車場・3台
*設計: 株式会社ネオタイド建築設計、」河原うらら建築設計室(内装設計)
*施工: 株式会社興建社
*管理形態: 一部委託管理
*管理会社: 三洋ビル管理株式会社
*竣工: 2010年4月


アーキネットさんのページには間取り図がなかったのですが、別の不動産会社さんのページに詳しい間取りが出ていました。

断面図、平面図

設計は河原うらら氏だそうです。

仲介取扱物件 大井町ファルベ


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

多摩川鵜の木PJ/大田区鵜の木 【ゼロワンオフィス】
ゼロワンオフィスの多摩川鵜の木PJが、『新プラン』での募集を開始したようです。

■建築概要■
所在地 東京都大田区鵜の木
交通 東急多摩川線「鵜の木」駅より 徒歩1分
東急池上線「久が原」駅より 徒歩10分
敷地面積 191.50㎡(57.93坪)
用途地域 第一種住居地域
建蔽率/容積率 60%/176%
総戸数 6戸(1住戸は事務所)
構造/規模 鉄筋コンクリート造/地上3階・地下1階
コーディネート 株式会社 ゼロワンオフィス
設計監理 株式会社 山嵜雅雄建築研究室

新プランを見てみましたが、フラット住戸が2戸、メゾネット住戸3戸の計5住戸です。北東の面が弧を描くようなデザインで、外から見ると綺麗だと思います。


もともとのスケジュールは
2010年2月 メンバー募集開始
2010年 春 建設組合結成(予定)
2011年 夏 地鎮祭・着工(予定)
2012年 夏 建物竣工(予定)

でしたが、今回新プランとなったことで、スケジュールは大幅に遅れるのではないでしょうか。

多摩川鵜の木PJ


なお、コーポラティブハウスによく付き物の地下住居について、ゼロワンオフィスのページで地下住居のメリットが詳しく説明されています。

地下室のメリット

地下住戸も採光が可能ということを良く聞きますが、そのためにはポイントが2つあると思います。上のゼロワンオフィスのページでも触れられていますが、

①連層サッシ

②吹き抜け

この2つをセットにしないと採光はかなり難しいのではないかと思います。吹き抜けだけでも連層サッシだけでも光は奥まで入らないと思われます。

それに加えて南向きであることが望ましいです。


我がコーポラでは、色々悩んだ挙句、吹き抜けは何とか確保できそうです。連層サッシはどこまで可能か建築士さんに確認したいと思います。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

鎌倉ハウス001佐助 【株式会社エンジョイワークス】
鎌倉市佐助に新しくコーポラティブハウスが出来るようです。

プロジェクト名は「鎌倉ハウス001佐助」
sasuke_01.jpg

以下、ホームページから転載です。

■計画概要
鎌倉駅徒歩圏内。
便利な上に、自然にとても恵まれた佐助での全2戸のコーポラティブハウス。

全2戸という数字は当然ながら、集合住宅として最小。
2戸ならではの各戸の広い専用庭・独立性の高い住戸配置が、戸建てに住んでいるかのような環境を生み出します。

計画地は緑に囲まれながらも、南側は少し余裕があり、日当たりも良好。
自然と近いゆったりした鎌倉生活を送るのにぴったりの計画です。


建築プランを見ると、2戸が別々に建てられる一戸建て形式のように見えましたが、実は倉庫で2戸がつながっている構成になっています。ホームページによると、

約110坪という広い敷地面積ですが、
建築基準法上、土地を分割したうえでの利用は不可です。
従って、接道が2mでも神奈川県建築基準条例に基づく2戸の長屋形式の建築により
有効に敷地利用する案が本プロジェクトのベースとなる考え方となります。


一戸建てならコーポラの意味が無いと思いましたが、敷地を分割できないという条件からコーポラ形式になっているとのこと。

鎌倉は住み心地が良さそうな場所ですが、如何せん都内からの通勤となると時間が掛かるのが難点です。横浜あたりに職場があれば最高にいい住宅地だと思います。

鎌倉ハウス001佐助のウェブサイト

このコーポラを手がけているエンジョイワークスさん、鎌倉や葉山、三浦あたりで結構コーポラプロジェクトを手がけられているようです。

エンジョイワークスのウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。