コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広尾テラス 【アーキネット】
少し紹介が遅れましたが、アーキネットから広尾テラスという新規プロジェクトが発表されています。

以下、アーキネットの案内文です。

■広尾テラス
・計画地:渋谷区広尾3丁目。南東方向に眺望が広がる高台の立地です。
     日比谷線「広尾」駅より徒歩13分(近道10分)。JR山手線他「恵比寿」駅へも徒歩15分。
・環境:広尾は都内を代表する邸宅街です。中低層のマンションや個人邸宅に大使館、有名私立学校、病院等からなる落
    着いた街並みです。広尾商店街をはじめ、渋谷、恵比寿、表参道、六本木といった商業エリアが徒歩圏(2km以内)、    買物や休日の街歩きが気軽に楽しめます。
・設計:山本圭介氏+堀啓二氏/山本・堀アーキテクツ(予定)。弊社では代々木、中目黒に名作を残されています。
・プラン:フラット4戸、メゾネット4戸からなる計8戸。高台の眺望が広がる東向きを中心に、大きな主開口をとりました。
     メゾネット、フラットともに2面以上の開口を設け、採光や通風も心地良く、間取りのしやすい整形のスケルト
     ンプランが特徴です。
・専有面積:70-108平米。専有面積外のパティオや屋上テラス等、屋外空間もゆったり確保しました。
・駐車場:敷地内に自走式で3台分(権利金方式、優先住戸あり)を用意しています。
・想定スケルトン予算:6,250-11,540万円(税・諸経費込)です。


あまり広尾については詳しくないですが、高級住宅地と位置づけられる街という認識です。

そこにコーポラティブハウスを建てるというアーキネットさんの心意気が感じられます。

平米あたり100万円前後ということで、広尾にしては安い物件になるのではと考えています。

予算表が載っていましたが、まだ1戸のみ申し込み有の状態。

住戸タイプ 場所 専有面積(㎡) テラス・パティオ等(㎡) 専用面積(㎡) 税込予算(千円)
A B1・1F 88.96 12.00 100.96 69,900
B B1・1F 75.03 10.08 85.11 65,300
C B1・1F 70.46 12.90 83.36 62,500
D B1・1F 73.16 14.40 87.56 68,400
E 2Fフラット 81.43 13.45 94.88 81,900
F 2Fフラット 100.23 4.17 104.4 105,400
G 3Fフラット屋上付 89.30 83.64 172.94 申込有
H 3Fフラット屋上付 108.93 65.55 174.48 115,400

都内高級住宅地にお手ごろ価格で自分好みの住宅を建てられるということだと思いますが、スーパーなども高級なものしかないため、生活費は高くつきそうです。

この物件の購入者層としては、家作りにこだわりがあって、お金にある程度の余裕がある方がでしょうか。

インフィル代を含めると軽く7000万円を超えるので、普通のサラリーマンが手を出せる価格ではありません。購入者層はかなり絞られてしまうと思います。

広尾テラスのページ


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

アーキネットが新卒採用中
コーポラティブハウス最大手のアーキネットがリクナビで新卒採用を行っています。

recnavi_archinet.jpg

会社の案内文によると、これまでのコーポラの実績は75棟ということです。

最近は年間で10棟以上新規プロジェクトの計画がされているのではないでしょうか。

社員数も掲載されていましたが、43名(うち正社員27人)とのこと。

他のコーポラティブハウス企画会社と桁違いに大きいのではないでしょうか。

キャリアステップとしては、まずジュニアプロデューサーという職種から始まり、そのあと実績によってプロデューサーに昇格するようです。

#大抵のコーポラ会社は「コーディネーター」という呼び名ですが、アーキネットの場合は「プロデューサー」と呼ぶようです。

アーキネットはコーポラ業界の最大手だけに色々な所から注目される会社だと思います。

コーポラが住宅業界の1大勢力となるように、いいプロデューサーを育て、集めていい物件をこれからもどんどん手がけて欲しいと思います。

リクナビ2012 アーキネット


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

東京ガスショールーム
西新宿の新宿パークタワーにある東京ガスショールームに行ってきました。

新宿パークタワーは、OZONE、コンランショップも入っているので、家を建てる人には馴染みの場所です。

以前、ミストサウナ「Misty」の体験のために東京ガスショールームに行きましたが、今回はガスコンロとガスオーブンを色々と見てきました。

■ガスコンロについて
ここでは東京ガスの扱っているほぼ全コンロを見ることができます。

ビルトインタイプのガスコンロを何にするかを選んできました。

ハイグレードからプレミアムグレードのものを主に見てきましたが、ハイグレードとプレミアムグレードの間に大体10万円くらいの差があります。高いものでは30万円近くします。

値段の差は何かというと、火力の違い、あとはダッチオーブン対応か否か、あとは見た目の高級感のようです。説明を受けたわけではないので憶測です。

ハイグレードのコンロは5kwの大火力を備えたコンロが2つとか使えるようです。

普段の我々のコンロ使用形態から考えると、コンロの火力が弱くて料理に困ったということがないので、あまり大火力は必要ないと思います。

ということでハイグレードのコンロにしようと思っています。レボアかガラストップですね。

あとは幅が60cmか75cmかを選ぶ必要があります。60cmで3口はせせこましいので75cmにしようと思います。キッチンにうまく入ればいいですが。。

ハーマン、リンナイとかパロマとかのガスコンロも見てみたいですが、時間がなくまだ見ていません。

家に帰ってから調べてみると、東京ガスのガスコンロはガス器具メーカのOEMなので実際はハーマン、リンナイ等のガス器具メーカ製と中身・仕様は同じとのことです。


■ガスオーブンについて

ガスオーブンには大きく分けると2種類あって、コンビネーションタイプとコンベックスタイプがあります。

(1)コンベック = ガス高速オーブン
(2)コンビネーションレンジ = ガス高速オーブン+電子レンジ

電子レンジを別に置くとなるとスペースの問題でおき場所がなさそうなので、コンビネーションタイプを考えています。

オーブンはガスコンロの下におく予定ですが、毎回屈まなくてはいけないので、電子レンジを頻繁に使う場合、腰に負担が出そうですね。まあ慣れの問題でしょうが。

ガスオーブンもプレミアムクラスのものでなく、ハイクラス(SN-860B)のものをチョイスしようと思っています。

東京ガスのサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

ヤマハリビングショールーム
西新宿のヤマハリビングショールームに行ってきました。

音響(オーディオ)ではなく、キッチンのショールームです。

yamaha_0179.jpg

yamaha_0180.jpg

場所は甲州街道沿い。新宿駅から徒歩10分くらいでしょうか。隣はINAXのショールームです。

ヤマハのキッチンはどういうものかを事前にチェックはせず、キッチン選びの参考のひとつとして行きました。

案内員さんを付けて説明してもらうこともできますが、今回は見るだけにしました。

ヤマハのキッチンはシステムキッチンがメインです。

ショールームは1Fのみだったと思います。

様々なグレードのキッチンを展示していましたが、どれもぐっと来る物がない!

見た目が安いプラスチック系のものが多く、とても我が家に採用したいとは思いませんでした。。。

値段が高いもの(ドルチェ レガート)は少し高級感が出ていましたが、それでもイマイチな感じです。

ジャパニーズデザインここにあり、という印象です。

好みの問題なので、好きな人は好きだと思いますが、自分にはイマイチでした。値段も結構する割にはそれに見合うキッチンとは思えなかったです。残念。


ヤマハのキッチン


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

羽根木の森コーポラティブハウス 【コプラス】
コプラスより新しいコーポラ物件の案内が来ました。

「羽根木の森コーポラティブハウス」

コーポラ物件には珍しく新聞広告に入っていました。

hanegi_0068.jpg

hanegi_0071.jpg


井の頭線「東松原」から徒歩4分、その他京王線「明大前」や小田急線「下北沢」からも徒歩圏内ということで非常に便利な立地です。

hanegi_0073.jpg

計画地一帯は樹齢100年を超える樹木が存在し、特別な町並みを形成しているとのこと。

確かに、先日このあたりを通ったときに、やけに木が多いなという印象を受けました。

ブーランジェリーカドーの辺りでしょうか??

間取りは南向き80平米台中心とのことで、居心地がいい家ができそうです。

コーポラとしては多目の17戸が計画されています。

■ 東向き・メゾネット角住戸・専有面積 約79㎡とした場合・・・4,900万円台
■ 南向き・吹抜け付きメゾネット住戸・専有面積 約81㎡とした場合・・・5,700万円台
■ 南向き・10m超のワイドスパン住戸・専有面積 約84㎡とした場合・・・7,000万円台

専有面積が同じくらいでも随分と価格差があります。

やはり地下が安めの設定だと思われます。

以下物件概要です。

名称 (仮称)羽根木の森コーポラティブハウス
所在地 東京都世田谷区羽根木1丁目
交通 京王井の頭線「東松原」駅 徒歩4分
京王井の頭線「新代田」駅 徒歩6分
京王線「明大前」駅 徒歩14分
小田急線「下北沢」駅 徒歩14分
用途地域 第一種低層住居専用地域
建蔽率 60%
容積率 150%
地目 宅地・山林
敷地面積 998.59m2(仮実測面積)
総戸数 17戸
引渡時期 2013年1月下旬(予定)
コーディネイト 株式会社コプラス
設計者 株式会社コプラス(予定)

詳しくは以下のページでご覧頂けます。

羽根木の森コーポラティブハウス

コプラスはGoogleアドワーズの広告も結構出しています。三田のコーポラティブハウスの広告はもう随分と長いこと目にしますが、まだ埋まっていないのでしょうか。。。

少し気になるのは、新聞広告やGoogleアドワーズの広告費はどこから出しているのでしょうか。予備費?からでしょうか。

今回の新聞広告にはコーポラは「合理的な価格」、と書いてありますが、新聞広告を入れてしまうと結構広告費がかかるので一般の分譲マンションと変わらないのでは?と思ってしまいます。

hanegi_0075.jpg


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

『善福寺コーポラティブハウス』 【アレンジタウン】
新規コーポラ物件の紹介です。

「(仮称)善福寺三丁目コーポラティブハウス」です。

zenpukuji_top.gif

zenpukuji.gif

アレンジタウンがコーディネート、設計が株式会社ケイ・吉嶋プロジェクト・パーティ、施工が株式会社丸二。

アレンジタウンというコーディネート会社は初めて聞きましたが、ホームページによるとコーポラティブハウスを計画してから、ちょうど10年だそうです。

【物件概要】
■物件名称 (仮称)善福寺三丁目コーポラティブハウス
■所在地 東京都杉並区善福寺三丁目2番以下未定
■交通
西武新宿線「上石神井」駅 徒歩14分
JR総武線・中央線「西荻窪」駅 徒歩22分
関東バス「善福寺」停留所 徒歩1分
■用途地域 近隣商業地域
■建蔽率/容積率 80%/300%
■敷地面積 303.68m2
■地目 宅地
■総戸数 13戸
■引渡時期 2013年2月(予定)

プランの詳細は会員にならないとわからないです。

約72㎡が3400万円台から、ということでかなり手の届きやすい価格帯だと思います。インフィル代1000万円としても5000万円以内に抑えられそうですね。

アーキネットさん等大手のコーポラに比べると割安だと思います。

場所が少し不便ですが、善福寺周辺は住宅地としてはいい場所なので住環境としてはよさそうです。吉祥寺からも自転車ですぐですし。

コーディネーターのアレンジタウンの過去の竣工例を見てみましたが、どれもセンスのいい物件ですね。

collina、LUZなど個人的には好きなデザインです。

アレンジタウンはちょっと前に募集していた新規企画の三軒茶屋・若林コーポラティブハウスも手がけているみたいです。
→2011.06.09
全17戸のコーポラティブハウスです。
最終1戸だそうです。

善福寺三丁目コーポラティブハウスのウェブサイト

アレンジタウン

丸二のブログ


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。