FC2ブログ
コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『チトフナプロジェクト』リニューアル募集スタート
ゼロワンオフィスのチトフナプロジェクトが設計変更で再度リスタートとのこと。

以前の間取りでは参加者が集まらなかったということでしょうか。
以前は4戸だったのが、3戸に変更になっています。

前は地権者住宅が入っていたのですが、それがなくなっています。

以下「チトフナプロジェクト」概要です。

◇建物概要(予定)
所在地 : 世田谷区船橋
交通 : 小田急線「千歳船橋」駅より 徒歩15分

住戸価格 : 4,000万円台~6,000万円台
住戸面積 : 約70m2台~約100m2台
総戸数 : 3戸
構造規模 : 鉄骨(一部鉄筋コンクリート)造/地上3階・地下1階
設計・CN : 株式会社ゼロワンオフィス

◇「チトフナプロジェクト」募集ウェブサイト
http://www.01-office.co.jp/project/funabashi/index.html
※個別説明会のご希望など、気軽にお問合せください。

4戸から3戸となったことで、ゆとりを持たせたプランに変更になっているとのことです。


コーポラに参加する際のリスクとして、参加者が集まらないというのがあります。

いくら自分がよいと思っても他に申込者がいないとプロジェクト自体が始まらないので、
長いと建設組合が設立されるまで数ヶ月待ちぼうけを食らう可能性があります。

最悪、参加者が集まらなくてプロジェクト解散という自体になる可能性もあります、

そうなった場合、手付金は戻ってくると思いますが、待っていた時間は無駄になってしまいますし、
また物件を選びなおす手間もかかります。

一番良いのは既に建設組合が設立されたプロジェクトに参加することでしょうか。
既に組合が設立されているので、待ち時間無く始められます。

ただし、既にコミュニティがある程度できているので入りづらいという
点があるかもしれません。設計できる期間も短くなっている可能性もあります。

ですが、コーポラ特有の組合設立までの待ち時間が無いという点、確実に動き出すプロジェクトである点では
そういう確定後に参加するのもいいかもしれません。

アーキネットの「新宿・河田町テラス」も建設組合が設立されるか微妙なところです。

売主様と話している募集期限が九月末とのことです。九月末で埋まらなければ解散ということでしょうか。

http://www.archinet.co.jp/p/20021190/

建築家:駒田剛司+駒田由香ご夫妻です。
http://www.komada-archi.info/

アーキネットでは、小日向apartments、SLIDE/西荻についで三棟目とのこと。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

クリナップのシステムキッチン
西新宿にあるクリナップのシステムキッチンのショールームに行ってきました。

cleanup_0181.jpg

cleanup_0183.jpg

INAX、YAMAHAのショールームとは甲州街道を挟んだ斜め向かいにあります。

ショールーム内はかなり広いです。

システムキッチンがかなりの数置かれています。

INAX、YAMAHAと違ってショールーム内に活気がないです。お客さんもまばら。

あまり知名度がないのでしょうか、行ったのが震災後すぐだったからか、良く分かりません。

クリナップのショールームを見る前にINAX、YAMAHAのシステムキッチンを見てきましたが、クリナップならでは、といった部分はあまり見つけることができませんでした。

細かいところを見れば違いはあるのかもしれませんが、購入したいと思える決め手の部分はなかなか見つけることができませんでした。

平均的といいますか遊び心がないといいますか、ぐっと引き付けられるものが無かったです。

店内には色々なキッチンがあるので、キッチンでどんなの?と見て回る分には結構色々と楽しめます。

クリナップって英語名はcleanupなのですね。

全然知りませんでした。

本社は西日暮里にあるそうです。

ホームページでクリナップの「会社目的」をたまたま目にしたのですが、結構面白いです。

1. 厨房機器、浴槽機器および洗面機器等の住宅設備機器の製造販売
2. 建築材料、鋼構造物および金属製機械器具の製造販売
3. 医療機器類の販売
4. 前各号に付帯する工事の設計、施工、請負および監理
5. 前各号に関連する清掃、保守、点検、修理およびコンサルティング
6. 不動産の売買、賃貸、管理および土地造成
7. 一般貨物自動車運送事業、貨物運送取扱事業および倉庫業
8. 労働者派遣事業および有料職業紹介業
9. 損害保険代理業および生命保険の募集に関する事業
10. 介護保険法による指定居宅介護支援事業および居宅サービス事業、居宅介護福祉用具の販売ならびに居宅介護住宅改修事業
11. 有料老人ホームの経営
12. 食料品の製造および販売、酒類、飲料、事務用機器、事務用品、日用品雑貨の販売
13. 書籍の出版および販売
14. 情報システムの企画、開発、管理運営およびコンサルティングならびにソフトウエアの企画、開発および販売
15. 旅行代理店業
16. マッサージ業および鍼灸院の経営
17. 宿泊施設の経営
18. 前各号に付帯する一切の事業


キッチンなど住宅関係だけかと思いきや、マッサージ業、旅行代理店業、宿泊施設の経営、老人ホーム。。。

これぞ多角化経営ですね。

クリナップのウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

エリア別地価
コーポラティブハウスの新規プロジェクトが発表された場合、まず気になるのが建設予定地の地価。

コーポラ会社が出す想定予算はコーディネイト料とか設計料とか建物建設費とかが含まっているので、その土地の実質的な地価は分かりません。

そんな時便利なのがthe house @建築家というサイトのエリア別地価。東京・千葉・神奈川・埼玉の地価を知ることができます。

コーポラ・コムさんで紹介されていて知りました。

□□区 ○○ △丁目まで

細かく地価が出ています。

『実際に売り出された価格に基づいて集計していますが、地価は個別の事情(接道や土地の形状など)によって決定されるため、目安としてご利用ください。』

とのことです。

エリア別地価

コーポラだけじゃなくて、マンションの購入時や一戸建ての土地を探す場合に便利なサイトだと思います。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

学芸大学テラス 【アーキネット】
アーキネットさんから新規プロジェクトが発表されました。

学芸大学テラス

以下学芸大学テラスの概要です。
===================================================================
■学芸大学テラス
・計画地は、目黒区柿の木坂3丁目。
・東急東横線「学芸大学」駅徒歩12分と程よい距離で、緑豊かで閑静な住環境です。
・駅までは、賑やかな商店街を通り、日々の買い物にも便利です。
・設計は、佐藤光彦建築設計事務所(予定)。
・全10戸南向きの計画で、緑に囲まれた環境を生かした空間を構成しています。
・共用階段で建物を二つに分棟し、光や風を導き入れる配置です。
・四面から採光できる住戸など、プランによって窓の配置を調整できます。
・敷地が道路面から約2m高いため、地階のドライエリアも道路面と同じ高さで心地良いでしょう。
・専有面積72~93平米、駐車場3台(予定)、駐輪場15台(予定)。
・想定スケルトン予算 4,634~7,180万円(税・諸経費込)。

http://www.archinet.co.jp/p/20021201/
からプラン等、詳細の情報をご覧いただけます。よろしくご参照下さい。
個別相談会のお申し込みもこちらからお願いします。

===================================================================

目黒区柿の木坂3丁目。。。

何か見たことがあるな、と思い過去のメールを見返してみると、
以前アーキネットさんが募集されていた「柿の木坂の集合住宅」の場所ではないですか。

「柿の木坂の集合住宅」

□計画概要
・構造:鉄筋コンクリート造
・規模:地下1階~地上3階(一部4階)
・総戸数:10戸
・専有面積:70~100平米(予定)
・想定予算:4,700~8,400万円台
・設計:佐藤光彦建築設計事務所(予定)
・道路面より高い位置にある敷地の特性を活かし、周辺の緑を取り込んだ通風採光豊かな地下住戸(メゾネットタイプ)と、 地上部分を分棟形式にし、さまざまな方向から通風採光可能な地上住戸(フラットタイプ)で構成。自由度の高いスケルトン設計となっております。

A住戸 1F-2Fメゾネット 73平米 5000万円台
B住戸 B1F-1Fメゾネット 75平米 4700万円台
C住戸 B1F-1Fメゾネット 77平米 4800万円台
D住戸 B1F-1Fメゾネット 87平米 5400万円台
E住戸 B1Fフラット 84平米 4700万円台
F住戸 1Fフラット 72平米 5200万円台
G住戸 2Fフラット 87平米 6700万円台
H住戸 2Fフラット 74平米 5800万円台
I住戸 3Fフラット 85平米 7200万円台
J住戸 3Fフラット(一部ロフト) 100平米 8400万円台

http://www.archinet.co.jp/p/20021198/

「柿の木坂の集合住宅」はいつの間にか募集ページが消えていて気になってはいたのです。何かしらの事情で設計変更して再度募集ということでしょうか。

今回は以下のような予算になっていますが、以前と単純に比較はできないですが、専有面積に一部違いがあるものの予算はあまり変化は無いように見えます。

部屋番号 専有面積(m2) バルコニー面積(m2) 専用面積(m2) 税込予算(万円)
A 72.88 10.44 83.32 4,964
B 74.18 8.23 82.41 申込済
C 76.67 8.28 84.95 4,790
D 93.29 11.11 104.4 5,255
E 82.71 19.05 101.76 4,891
F 71.64 4.54 76.18 5,109
G 86.88 3.89 90.77 6,564
H 73.4 3.95 77.35 5,658
I 83.79 46.98 130.77 6,917
J 85.3 14.4 114.55 7,180


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

BOSEの5.1chオーディオシステム Lifestyle V35
コーポラティブハウスに入れるオーディオについてです。

既に何度か、オーディオについては触れてきましたが、我が家のオーディオ候補に挙がった機種としてBOSEの5.1chホームシアタースピーカーシステムがあります。

最近出た機種としては2機種あり、

「Lifestyle V35 home entertainment system」


「Lifestyle T20 home theater system」


があり、V35が上位機種、T20がエントリーモデルとなっています。

当初5.1chオーディオならBOSEでしょ、と素人考えで思っていたのですが、

オーディオ専門店のアヴァック(AVAC)さんに聞いたところ、ボーズのオーディオはあまりオススメしないと言われました。実際AVACにはBOSEは置いていませんでした。

高級スピーカーに比べて音の出方が劣るようなことを言っていました。

ですが、このホームシアターシステムは「Unifyテクノロジー」を採用していて、設定や操作が簡単みたいです。

やはりスピーカーはこのメーカー、アンプはあのメーカー、ウーファーは別のメーカーと組み合わせていけば、設定や操作はかなり大変になると思います。

最初の設定は施工業者にやってもらうつもりですが、その後の使用を考えると、ボーズのようなシステムで統一した方がいいかもしれません。

まだ我が家のオーディオは最終決定ではないので、このあたり含めて考えていきたいと思います。

「Lifestyle V35 home entertainment system」については以下のページが詳しいです。

極上のテレビライフを実現!? ボーズの最新5.1chホームシアターに脱帽


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

エアコンのいらない家
紀伊国屋で建築関係の雑誌を立ち読みした際、『エアコンのいらない家』という本が目に留まりました。

ちらっと立ち読みしたら結構面白そうだったので購入し、今日読み終わりました。



我が家はいちおうエアコンを取り付ける予定にしていますが、あまりエアコンは使いたくないです。

エアコンのあの独特の寒さがどうも体には合わないです。

夜ずっと付けっぱなしだと風邪を良くひくので、できればコーポラではエアコンはつけずに生活したいと思っています。

この本は、エアコン無しで自然の力を利用して快適な住まいを作るにはどうすればいいのか、噛み砕いて書かれています。

考えてみればエアコン無しで昔は生活していた訳で、昔の人たちは色々と暑さ・寒さに対して工夫をしてきました。京都の町家がその典型例とのこと。

実際、著者の手がけられた住宅ではエアコン無しで生活できるような工夫がされているようです。そのエッセンスを本書では紹介しています。

そもそも住まいの快適さとは何か、というところから説明があって、住まいの快適さは気温だけでは決まらないことが分かりました。

エアコンの要らない家というと、窓が沢山開いていればいいと思われるでしょうが、そうではないということが分かりました。

基本は南と北に窓があることが大切とのこと。東西の窓はあまりよろしくないようです。

南から北に気流が抜け、そして低い位置から高い位置へ抜けるので、南側には低い位置、北側には高い位置で窓が必要とのことです。

方角別のガラス選びというのも参考になります。何でもかんでも遮熱高断熱LOW-Eガラスは必要ないとのこと。

コーポラティブハウスの場合は募集の段階でスケルトンは決まっているので、窓がそもそも南北に無いということが多いと思いますが、設計の段階で工夫できる点もあるので、参考になりました。

この本をコーポラ募集前に読んでおけば、エアコンがいらないスケルトンを選べたと思いますが既に遅し問いう感じです。

また地下住居の場合、そもそも風が入ってくるのかも心配ですが。。。

とにかく、エアコンがあまり好きではない方に、この本は参考になると思います。




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓


テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

変動金利か固定金利か
橘玲氏の最新刊『大震災の後で人生について語るということ』を読みました。



橘氏の著書は5年程前に買ってからそれ以降に出版されたものは大体買って読んでいます。

人生を歩んでいく上での道しるべと言っては言い過ぎかもしれませんが、人生の考え方において参考にさせてもらっている作家のひとりです。

今回の最新刊は以前の書籍からの抜粋も多く、実質的に新しい考えは全体の3割くらいでしょうか。

でも、前の本から同じということは、考えにブレが無いということでもあります。

今回の本もガンガン頭に響いてきます。

この本では、まず最初にこの日本を覆っている4つの神話について取り上げられています。

視点としては、以前の氏の著作と被る部分が多いですが、今回整理されて書かれているので
咀嚼しやすい形になっています。

その神話のひとつに持ち家神話というのがあります。

橘氏によると持ち家は損だという結論になっています。

確かにリスク、資産形成の面からいうと、持ち家は賃貸に比べ損と言えるかもしれません。

しかし、バブルが崩壊して20年以上が経過した今、それはどうかなと私は思います。地価についてはすでにかなり下がっており、かつてのバブル後直後のような下落はこれ以上起きないと思っています。まあちょっとずつ下がっていくのかもしれませんが。。

しかし賃貸と持ち家については損得勘定で語れないと思っています。

賃貸は基本的には家の改造はできませんし、自分の思いを間取りに反映させることもできません。

マンションと賃貸とを比べるのはアリなのかもしれませんが、コーポラと賃貸を比べると、住む上での快適さについて言えば、コーポラの方が快適に暮らせると私は思います。

また、我がコーポラの建設予定地に賃貸で住もうとすると、かなり毎月の賃料が割高になると思います。

橘氏の主張は郊外に住めばという条件付で賃貸がお得だということだと思いますが、都内のコーポラ建設地で住み続けることを考えると持ち家の方が得になる可能性は否定できないと思います。

この持ち家神話の点については橘氏の考えには賛成できませんでした。


その後、本書では今後我々が直面する問題に対してどのように立ち向かっていくか、が書かれています。

今は混沌とした時代で先が見えないですが、確実に分かることがいくつかあって、それを元にいまから準備できることはいくつかあります。

その準備について書かれていますが、かなり参考になります。

これについては以前の著作でも触れられているので想定内という認識。

今後、このような問題が臨界点を超えたとき、アギャパーとならないように個々人で準備しておく必要があります。

変動金利、固定金利についても書いてありましたが、この本を読んで「固定金利」で行きたいと強く思いました。
今は住宅ローンを借りる人の9割の方が変動金利だそうですが、危ない気がします。

詳細は本書をお読み頂ければ分かると思います。

また、「伽藍を出てバザールへ行こう。」

これも今のテーマです。

 


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

Bowers & WilkinsのiPod用スピーカーシステム Zeppelin
寝室用オーディオの話が続きます。

前回紹介したRevoですが、致命的なことを発見してしまいました。



日本のFMが聞けないそうです。。。

毎朝J-WAVEを聞いている私としてはこれは痛いです。即刻対象外となりました。。。残念です。価格がそこそこでデザインもそれなりに好きだったのですが、FMが聞けないのは痛いです。

話を戻しますが、コンランショップで展示されていたiPod&iPhoneオーディオシステムとしてもうひとつ展示されていました。

Bowers & WilkinsのZeppelin(ツェッペリン)とZeppelin mini

 

こちらは以前から日本でも販売されていたので良く見かけます。

形が楕円でかなり目を引きます。

音の上質さ、デザインからすると、値段はちょっと高いですが手に入れたい一品。しかし、、、こちらはスピーカーのみでラジオは付いていない模様。

Zeppelin miniはUSBスピーカーとしても使えるみたいですが、あまり個人的には使わなそうです。

ということで、元のBRIONVEGA RadioCubo.itが第一候補に戻りました。BRIONVEGAのFMラジオは日本のFMに対応しているのでしょうか。。。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

インターネットラジオ&iPodプレーヤー REVO
先日、インターネットラジオ&iPodプレーヤーのBRIONVEGA RadioCubo.itについて書きました。

実際のモノを見たかったので新宿のコンランショップに行ってきました。

新宿から無料で出ているOZONEバスでパークタワーへ。バス内のエアコンは弱めで暑かったです。。。

お店で見た感想ですが、ネットで見たままの小さくてコンパクトなオーディオでした。場所を取らないので、特に寝室用オーディオとして宜しいかと思います。

色使いもヴィヴィドな赤(オレンジ)色で、部屋のアクセントとしていい味を出しそうです。


で、同じくコンランショップに置いてあったのが今日取り上げるREVO。

こちらもRadioCubo.itと同様、インターネットラジオ対応、そしてiPod/iPhone対応のオーディオです。

2種類あって、heritage と Dominoがあります。

カタログをもらってきました。

revo_0078.jpg

大きい方はheritage
revo_0079.jpg

小さい方はDomino
revo_0080.jpg

heritageはLANケーブル接続、USB接続が可能、7W出力アンプ機能を備えており、Dominoよりも高機能です。

個人的には見た目はDominoが好きですね。

値段は\49,350、\36,750。

BRIONVEGAよりもかなり安いです。迷いますね。。。

REVOはヤマギワでも売っているようです。

 




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

高輪テラス(高輪terrace) 【アーキネット】
アーキネットさんが新しいコーポラ物件を準備中とのこと。

高輪テラス

まだ準備中で、詳細な価格は不明ですが、港区高輪3丁目に建設予定とのこと。

■建築概要
規模 地上3階・地下1階
構造 鉄筋コンクリート構造
戸数 7戸
建築面積 検討中
延床面積 検討中
専有面積 約70㎡~110㎡
駐車場 機械式駐車場6台
設計監理 田井幹夫 / アーキテクトカフェ
施工 株式会社キクシマ
予算 検討中

■計画地概要
所在地 港区高輪3丁目
交通 JR山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線
・東海道新幹線・京浜急行線「品川」駅徒歩9分
都営地下鉄浅草線「高輪台」駅徒歩9分
敷地面積 約410m2
用途地域 第一種中高層住居専用地域
防火地域 準防火地域
容積率 160%
建ぺい率 60%
その他 第二種高度地区・日影規制

品川駅徒歩9分ということで、かなり便利な場所にありますね。東京駅にも、羽田にも近く出張や旅行の際は交通の便は非常に良いです。

もちろん通勤にも便利な立地ですね。

ちなみに、高輪3丁目の坪単価は358.1万円とのこと。

この間紹介した広尾テラスも高級住宅地ですが、今回の高輪も高級住宅地に入ります。

予算はまだ出ていないですが、おそらく最低でもスケルトン価格5000万後半くらいになると思います。インフィル入れるとおそらく6000万円~。

高輪テラスのウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。