コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キッチンについて
Faucet-Luxury-Kitchens-Designs-Circular.jpg

キッチンについて色々とショールームを巡ったり、カタログを見たり、ウェブで情報を収集したりしてきました。

システムキッチン、オーダーキッチン、それぞれ有利な点、不利な点があります。

やはりコストの面から言うと、システムキッチンの方に分があります。

ただ、システムキッチンといってもグレードがありますので、システムキッチンだから安いかというとそうではありませんでした。

システムキッチンでもグレードが上がると当然高いです。

キッチンについては、その家ごとのキッチンに対する思い、が強く反映される形になるので、一般論はあまり参考にならないと思います。

また、キッチンといっても、それぞれのパーツの寄せ集めですので、コンロ、シンク、水栓、オーブン、収納、何を優先させるかで全然違ってきます。

ということで、詳細については割愛しますが、今回は我が家のキッチンの最終形について書きます。

キッチンについて、システムキッチンをまず各社色々と見てきたのですが、どうもピンと来るものが無かったです。

予算的にキッチンはあまり予算を割くことができなかったのですが、我が家の予算として計上できる200万円前後のキッチンを見てもどれもイケていません。

唯一オッと思ったのがポーゲンポール。確かにポーゲンポールは値段相応の高級感がありましたが、予算には到底収まらないので却下。さすがにキッチンに300万円以上は出せません。

結局200万円前後のキッチンで意に適うものはなかったです。

それとは別に並行してオーダーキッチンについても相談をしていました。

当たり前ですが、オーダーキッチン屋さんは基本的に値段が高いです。設計料が加算されることになるので、その分値段は割高になります。

キッチン素材のグレードを落として安く済ませるという方法もあることにはありますが、そうなると同じグレードのシステムキッチンよりも一段値段が高くなってしまいます。

色々思い悩みましたが、結論としてはオーダーキッチンに決めました。

そしてオーダーキッチンはどこのオーダーキッチンかというと設計士さんに設計して頂きました。

コーポラのことが一番分かっているのは設計士さん、ということでお願いすることに。設計士さんによっては嫌がる方もいらっしゃるかもしれませんが、ウチの設計士さんは引き受けてくださいました。

オーダーなので家の間取りに合わせて壁にうまく沿う形で設計してもらいました。

不安な点としては、実物がないので素材感が事前に確認できていないところ。この点については、後日サンプル的なものを見せて頂く形でお願いしようかと思っています。

キッチン天板はステンレス、というところは決まっているのですが、側面、前面などはどのような素材感になるかまだ把握できていません。出来上がりがどうなるのか、ちょっと不安です。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

森永エンジニアリングの暖房設備色々
現在我々のコーポラでは、インフィルの見積もり減額に向けて色々と動いているところです。

具体的にどこをどうするかを考え、見積もりを何とか減らせないかを模索しています。

小さい部分を減らしてもスズメの涙なので、大きい部分をがっつりと削っていっていますが果たしてどうなることやら。

インフィルが高い理由は、それなりの設備を入れているからであって、当然と言えば当然です。水栓をグローエとか、そういう所が塵も積もれば大きくなっていきます。

水栓をグローエにするのではなく、TOTOとかINAXに変更するだけで半額になったりするので、そういう細かい部分も減らして行きたいと思っています。


そんな折ですが、ネットを見ていたら森永エンジニアリングから面白い暖房の器具がでていましたので備忘録的に紹介しておきます。

最近寒さが身にしみる季節ですが、「コンパクト・フット・ヒーター」「ウインドーラジエーター」という器具が森永から出ています。

「コンパクト・フット・ヒーター」は、その名前の通り、イスやソファに座りながら足元を暖める暖房器具。

青竹踏みのような形になっていて、そこに足を乗せることで暖を取れます。

ウチは冬でも暖房は基本的に付けませんが、足元が寒いのでコンパクト型のヒーターを付けています。

それに加えてこの森永のフットヒーターがあればかなり温かいと思います。



もう一つは、「ウインドーラジエーター」。

これは窓の下に設置して暖かな上昇気流を発生させ、窓からの冷気をシャットアウトする、というアイデア商品。

確かに冬の窓際は冷気がどんどん入ってきて寒さの発生源です。

我がコーポラはペアガラスを採用しようと思っていますが、どこまで効果があるのか不明です。ペアガラスに加えてこの森永のウインドーラジエーターを設置すれば、かなり冷気はシャットアウトできるのではないでしょうか。

床暖房をやめてこれを入れればかなりの予算削減効果が見込める気がします。




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

名古屋モザイクでタイル選び
家の玄関にタイルを貼りたいと考えています。

タイルといっても色々あり、良く分からないので、まずは近くのショールームに行ってみました。

代々木にある名古屋モザイクタイルのショールームへ。

nagoya_mosaic_0377.jpg nagoya_mosaic_378.jpg

ここでは地下1階~2階に様々な種類のタイルの展示をしています。

地下1階は外壁などのタイル、1階は新商品タイル、2階が水周りや内壁、床タイルなどを置いています。

2階で玄関床とか浴室床、浴室壁などを見てきました。

値段がそれぞれ違いますが、その違いが素人には良く分かりません。

素材自体の違いや作成工程の作業工数の違いと思われます。

couporaさんのおすすめのタイルと良く似たのを玄関タイルにしようと思います。

nagoya_mosaic_379.jpg nagoya_mosaic_382.jpg

また、浴室床はなるべくひやっとしないサーモタイル?を探していましたが、ここには残念ながらそういうタイルはないとのこと。INAXにでも行ってみようと思います。

ショールーム内には色々なタイルが置いてあり、正直選ぶのが大変ですが、こだわりのある方には探し求めていたタイルが見つけられるかもしれません。

タイルですが、コーポラコムさんのブログにも書かれていますが、タイルを貼る作業費が別途かかってくるのでそれも見込んで選んだほうがよいです。

平米あたり5000円くらいの工賃が掛かってきます(施工会社にもよりますが)ので、心に留めて置いてください。

名古屋モザイクのウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

テラスハウス中目黒→Butte 【アーキネット】
以前から募集が続けられていた、テラスハウス中目黒ですが、遂に分譲住宅として売りに出ました。

以下アーキネットさんからの案内です。

■テラスハウス中目黒 [butte]
・H住戸の新築分譲販売会を開催しております。
・外部足場が解体され、外観等もご確認いただけます。
・個別相談会を終日、開催しておりますので、ぜひお越しください。
・2011年12月22日に竣工・引渡しを予定しております。
・個別相談会のご予約は、下記ページより承っております。
http://www.archinet.co.jp/p/20021149/

□概要
・目黒区中目黒5丁目7番25号
・東急東横線「中目黒」駅から徒歩14分、「祐天寺」駅から徒歩12分。
・中目黒の丘の上、落ち着いた雰囲気のある閑静な住宅街に位置します。
・設計:山本圭介+堀啓二/山本・堀アーキテクツ、施工:渡邊建設
・専有面積:91.60平米、バルコニー面積:37.43平米
・販売価格:7,970万円
・主要階:2-3階メゾネット[玄関1階]
・間取り:3LDK
・主要開口部:東面および西面[一部南面]
・竣工予定日:2011年12月22日[引渡日]
・駐車場:取得可/機械式駐車場2段式下段(権利金225万円)
・駐車場サイズ:全幅1,850mm×全長5,050mm×高さ1,550mm
・眺望良好な屋上ルーフバルコニー付(26.54平米)。
・内装・設備仕様については、担当にお問い合わせください。


スケルトン状態での価格が7195万円、そして今回分譲された価格が7970万円。

ということでインフィルは800万円弱ということになります。

平均的なインフィル代だと思います。具体的な設備の情報が書かれていないのであとは内覧するしかなさそうですね。

テラスハウス中目黒のページに、竣工前の建物の写真も掲載されていました。窓が大きく光が沢山入る家だと思います。

テラスハウス中目黒

竣工後の写真
テラスハウス中目黒

HOME'Sの不動産売買のページにも掲載されています。

HOME'S


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

(仮称)三田伊皿子コーポラティブハウス 【コプラス】
コプラスさんの企画されている(仮称)三田伊皿子コーポラティブハウス、at homeの新築マンションのページに掲載されていました。

mita_coplus_00.jpg

あと3戸募集中のようです。

価格 3,480万円、4,880万円、7,320万円
専有面積 37.34m2、56.82m2、80.90m2

とのことなので、大体1平米あたり80万円~90万円の物件です。

(1)都営三田線 「白金高輪」駅 徒歩8分
(2)東京メトロ南北線 「白金高輪」駅 徒歩8分
(3)都営浅草線 「泉岳寺」駅 徒歩6分
(4)京急本線 「泉岳寺」駅 徒歩6分

ですのでかなり都心の物件であり、立地の割には割安な物件なのではないかと思います。

間取りを見ると、3戸ともユニットバスでした。コーポラなら是非造作でのお風呂を試してもらいたい所ですが、残念です。

建物竣工予定時期は2012年5月ということなのでもう建物自体は半分くらいは建設中の段階だと思われます。

この時期になるとあまり配管とかも変えれないと思うので設計の自由度は落ちてくるのではないでしょうか。フローリングとか壁とかはまだまだ自由度は効きますが、配置場所の変更は難しいような気がします。

こういう場合は、設計料は最初からの申込者に比べると安くなったりするのでしょうか。

at home(仮称)三田伊皿子コーポラティブハウス

コプラス(仮称)三田伊皿子コーポラティブハウス


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

SBISLコーポラティブハウスローンファンド3号
今年の8月頃にこのブログで取り上げた、SBISLコーポラティブハウスローンファンドが3号目の募集を開始しました。

前回は融資期間4ヶ月ということで短かったのですが、今回はなんと2年近く689日間もあります。

出資募集金額は1億8,170万円です。

出資対象は、コーポラティブハウス建設用地購入資金とのこと。

実質利回(予定)は4.00%(年利)とのこと。前回は5%だったので少し下がっています。

分配は毎月15日で、貸付元本は最終返済日(2013年10月28日)に一括返済とのことです。

利率は高いですが、先の見えない中、2年間も預けるのは不安が少しあります。

例えば、10万円預けて約10万8000円となって返ってくるということですね。

SBISLコーポラティブハウスローンファンド3号 商品概要

コーポラを建てた後はこういう形でコーポラ建設に違う形で加わるのも面白いかもしれませんね。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

コーポラティブハウス CO・OPERA
SUUMO(スーモ)関東版に、コーポラ中古物件が出ていました。

コーポラティブハウス CO・OPERAという、東急東横線「学芸大学」歩10分のところにあるコーポラです。

2LDK、価格3750万円、専有面積56.41m2、バルコニー面積6.2m2とのことですが、築年月は1996年11月。築15年の物件です。

平米当たり70万円弱ということで、適度な価格設定のような気がします。

RC6階建で全13戸ということなので、コーポラとしては多めの住戸数ですが普通のマンションに比べれば全然少ないですね。

間取りも掲載されていましたが、2階で南北東に窓があり、風通しは問題ないと思われます。

バルコニーも南・北あります。

かなりいい物件なのではないでしょうか。

コーポラティブハウス CO・OPERA


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

コーポラ人気!?
一般の住宅の中で、コーポラの占める割合はどれくらいなのか。

ちょっと気になったので、その割合を出してみました。

平成21年で都内で約10万戸の着工がありました。

そのうち、コーポラはどれくらいでしょうか。

詳しくは分かりませんが、年間の都内のコーポラ供給件数は大体30棟くらいでしょうか?最大手のアーキネットさんで年間10~15棟位だと思います。

コーポラの戸数については、1棟あたり平均10戸として300戸。マンション型コーポラもあるので多目に15戸としても450戸です。

450戸の10万戸に対する割合は何と0.45%。統計上としてはゴミみたいな数ですね。

それくらいまだまだコーポラはマイナーな存在です。

コーポラがまだまだ少数派に留まっている理由を考えてみました。

・そもそもコーポラが世間一般に認知されていない
・コーポラの得体が知れない。
・時間が掛かりすぎる
・色々と総会やら設計やらが面倒
・手がけているのが大手デベロッパではなく不安
・コーポラコーディネート会社が少ない
・供給側がこれ以上増やせない

アーキネットさんのメールマガジンの会員が5万人だかってどこかで見たことがありますが、それだけの人数が会員でも、実際にコーポラに申し込むのはアーキネットさんだけでも年間150戸くらいでしょうか。

つまり、会員のうち申し込むのは1%に満たないのではないでしょうか。とりあえずメールマガジンにだけ申し込んだ会員もいると思うので、真剣にコーポラ探し中、っていう人はその中でも少数だとは思いますが。

コーポラがまだまだ少ないのは、一般的に広く遍く認知されていないというのが大きいような気がしています。私の周りでもコーポラって何?という方がほとんどですし、普通の人には選択肢にすら登ってこないと思います。

認知されたとしても、コーポラを申し込む前に色々調べた結果、時間がかかる、面倒、大手じゃないと言う点で敬遠される方がほとんどだと思います。

また建築期間も少なくとも2年は見ておく必要がありますが、これが結構長い!

私のコーポラもまだ入居まで1年以上先になると思います。人生80年とはいうものの、2年というのは正直長いですね。すぐに欲しくても設計・施工しないと手に入らないというのがコーポラなので仕方がないですが。

コーポラの長所としては、やはり自由設計ということが挙げられます。

これは私の感想ですが、自由設計はコーポラ参加前、参加後も変わらずコーポラのよさだと思います。

そして、自由なのに通常のマンションと値段が変わらない!ということが大きいです。普通オーダーメードすると値段が高くなるのが世の常なのですが、マンション業界は例外的にレディメードとコーポラのようなオーダーメイドの価格が変わらない。下手するとコーポラの方が安い場合があります。

それはデベロッパの宣伝費・広告費・リスク費が消費者に転嫁されることによって発生した現象であり、それはコーポラには転嫁されないため、コーポラにかなりの優位性を持っています。

消費者はあまり戸建てマンションの費用の内訳に気づいていませんが、その実態を知ると自分のお金が広告とかリスク費とかに消えているのは

私の場合は、マンションは宣伝費とかに消えるから嫌だという消極的なことではなく、やはり自由に自分のスタイルに合わせて家の設計ができると言う点に魅力を感じてコーポラを選びました。その上価格もマンションと大差ないということでお得な感じです。

確かに時間も労力もかかりますが、そこは好きでやっていることなのであまり気にならないです。

後は同じ建物の住民の方の顔が住む前から見えるというのはいいですね。

コーポラの供給戸数が今後増えることは徐々にありそうな気がしますが、それでも全体の1%を占めるようになればいい方ではないでしょうか。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。