コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
louis poulsen(ルイスポールセン)のライト
このブログで何度か取り上げてきた、鳥取西町コーポラティブハウスモデル事業ですが、ついに全住居入居者が決定したそうです。

なかなか入居者が集まらず、やはり地方では難しいかも、とここで書いてしまいましたが、無事に入居者が集まったと言うことで地方でもコーポラに興味を持つ方がいるということが分かりました。

今回は県主導で進められてきた感じですが、民間主導でこの後続いていけばいいですね。

鳥取西町コーポラティブハウスモデル事業 入居者が決定しました!


さて、我が家では照明計画について最終調整をしているところですが、なかなか難しいです。

実物の家がまだできていないのでどれくらいの照明器具を入れればいいのかが確証を持てないためです。

パナソニックのショールームなどでプランは作ってもらいましたがそれを基に最終決定するのは自分達なので果たしてそれでいいのか、多すぎやしないか、足りないかもしれない、など色々と考えています。

家が出来る前に決めなければならないため、最後住んでみてどうしようもなければ、外付けの照明を入れるしかありません。

候補としていいな、と思ったものがあったのでメモ代わりに。

louis poulsen(ルイスポールセン)のライト。


デンマークの名門陶磁器メーカー、ロイヤルコペンハーゲンなどからプロダクトを発表しているOle Jensen(オーレ・イェンセン)によるOJシリーズというのがありますが、金属的な冷たさは感じさせないデザインが結構好きです。

「OJ Floor Lamp」というソファやイージー・チェアのそばにおいて使うリーディング(読書用)ライトを、据え付けの照明の光量が足りない場合に入れるかもしれません。



OJ Wallという壁付けライトも寝室用にいいかもしれません。




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

戸越銀座リノベーションプロジェクト 【コプラス】
コーポラティブハウスを手がけるコプラスさんから、リノベーションプロジェクト企画が発表されました。

「戸越銀座リノベーションプロジェクト」

togoshi_ginza_636.png

東急池上線「戸越銀座」駅 徒歩2分
都営浅草線「戸越」駅徒歩4分

という好立地のマンションをリノベーションして1棟まるごと売り出すようです。

総戸数:19戸とマンションにしては小規模で、コーポラのよう。

専有面積60㎡台からで価格は4000万円台~。

リノベーションマンションとコーポラで迷っている方は多いと思います。私もその一人でした。

自分で自由に間取りを変えられるというのが両者に共通したポイントですが、コーポラの方がより自由度は高い気がします。

リノベの場合、マンションの構造上や配管の制約で、あまり変えられないということも起こりえると思います。あとは築年数が購入時点で既にかなり経っている場合があるので、その後何年住み続けられるのかという点。

ちなみにこの物件は昭和62年に竣工したようなので、築25年ということになります。モノによっては築35年とかの物件もあるのでそうなった場合、30年住み続けられるのか微妙な気がします。

でもリノベマンションのいい点としては工事期間が短いこと。コーポラティブハウスなら少なくとも2年は待つ必要がありますが、リノベだと1年も掛からないと思います。

どちらもメリット・デメリットがあるので、自分のライフスタイルや好みに合った形態を選ぶのが良いと思います。あとは立地でしょうか。

戸越銀座は商店街が充実していて住みやすそうですね。

戸越銀座リノベーションプロジェクト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

自由が丘コーポラティブハウス 桜小道プロジェクト 【ゼロワンオフィス】
ゼロワンオフィスさんから新しいコーポラが企画されています。

「自由が丘コーポラティブハウス・桜小道プロジェクト」

sakura.jpg

場所はコーポラが既に多く建っている自由が丘。

駅から徒歩7分とまずまずの近さです。

古くから閑静な住宅街として知られる奥沢が計画地だそうです。

この敷地に古くからある桜を小道に見立て、大切に残すプロジェクトということで、春はお花見ができるコーポラになりそうです。

小道をすすんだ先に各住戸を配置し、四季折々の桜を楽しむことができるとのことです。

まだ具体的なプランは公開されていませんが、どのようなプランになるのか楽しみです。

◇建物概要(予定)
所在地:東京都世田谷区奥沢5丁目
交通:東急東横線・大井町線「自由が丘」駅 徒歩7分
住戸価格:4,000万円台半ば~9,000万円台半ば
住戸面積:約53~約103m2
募集住戸:13戸
構造:鉄筋コンクリート造
規模:地上3階・地下1階

◇「自由が丘コーポラティブハウス・桜小道プロジェクト」ウェブサイト
http://01-office.co.jp/project/jiyugaoka


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

無暖房住宅!?鶴川のコーポラティブハウス
「ほとんど暖房はいらない」鶴川のコーポラティブハウスというのがあるそうです。

ウェブで調べてみたところ、ありました。鶴川のコーポラティブハウス。

小田急線の鶴川にあるみたいです。

「エコヴィレッジ」プロジェクトということで、色々なエコな要素がつまったコーポラだそうです。

特長としては、

「健康志向の住宅」…自然素材のフローリング、土カベ(ワラすさ入り)などを取り入れています。

「逆梁工法」…全住戸の床下には収納スペースを確保。水廻りの配置の自由度も高まります。また、ハイサッシの採用により採光も向上します。

「屋上菜園」…屋上のスペースを「屋上菜園」として有効活用。自然農法による野菜やハーブ・お花もつくれます。

「フリープラン」…コーポラティブ方式によって集合住宅をつくりますので、自分が所有する室内については、自由に設計することができます。

「快適省エネ住宅」…快適な住まいを実現する「外断熱工法」をご提案します。建物を外側から断熱材で包むことで、カビ、ダニが好む屋内の結露発生を抑制。また、冷暖房効果が高まるため省エネルギー効果もあります。さらに、建物の耐久性も向上します。

「良好なコミュニティの形成」…入居者と家づくりのプロセスを共有しますので、お互いに適度な間合いをとりながら、困ったときやちょっと頼みたいときお互い助けあえる、素晴らしい仲間を得ることができます。


「外断熱工法」というのは「内断熱工法」に比べるとより安定した高い断熱性・ 気密性が提供できるということで最近色々と話題になっていますね。

我がコーポラはおそらく内断熱工法です。

■自然主義のコーポラティブハウス


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

co-HINATA 【アーキネット】
アーキネットさんが企画されて2007年に竣工したコーポラティブハウスco-HINATAが中古として売りに出されています。

文京区の小日向に立っているので、co-HINATAという名前になったと思われます。

ガラスの箱のような外観。窓が大きいのが特徴です。

総戸数4戸のコーポラティブハウスは、全ての採光が南向きになるよう計算されてデザインされており、日中は明るい空間が広がるはず。

地下1階+2階の住戸と、1階+3階の住戸で構成されていて、螺旋階段が効果的に使われています。

今回売り出し中の物件はどのタイプかは分かりませんが、地下の住居でも1Fがあるので明るさはある程度確保されているのではないでしょうか。

お値段は明示されていませんが、80平米として5,6000万くらい はするのではないでしょうか。

不動産agent ハイアーグラウンド

駒田建設設計事務所

==============================================
■住所   文京区小日向2丁目10-21
■築年数  平成19年5月
■構造   鉄筋コンクリート造 地下1階地上3階
■設計会社  駒田建設設計事務所
■土地   所有権
■総戸数 4戸
■間取り 2SLDK+インナーテラス+ドライエリア
□駐車場 無
□駐輪場 有(無償)
==============================================


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

サンワカンパニー ショールーム
サンワカンパニーのショールームに行ってきました。

sanwa_company_0081.jpg

sanwa_company_0078.jpg sanwa_company_0079.jpg 

目的はインフィル費用削減のためです。ここはコーポラ・コムさんでも紹介されていましたね。

ここはキッチン・収納・タイル・洗面・浴室関係の設備について、割と安めの商品を置いています。

場所は表参道からかなり歩いて、根津美術館近くのビルの地下1Fです。

sanwa_company_0080.jpg

ビルは分かったのですが、入り口が分かりづらくウロウロしました。

ショールームは地下にあり、最初にアンケート用紙みたいなのを受付で配られます。

ショールーム内は自由に見学してOKです。ショールーム内はかなり広々とした空間です。

展示されているものは全体的にお値段安めですが、安いだけにディテールの素材は期待外れでした。

パッと見はいいのですが、近づいて見ると安っぽい素材です。モノにもよりますが。

sanwa_company_0888.jpg

デザインもイマイチ垢抜けないので、残念ながら採用には至りませんでした。

ただ、洗面ボウルは充実しており、イタリア製とのことで洗面ボウルは割と良い印象を受けました。

セラトレーディングはt-formで検討されていて、費用削減せざるを得ない時の代替案として役立つかもしれませんので、気になる方は行ってみてください。

サンワカンパニーのウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。もしよろしければ応援のクリックをお願いします。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。