FC2ブログ
コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『鎌倉コーポラティブハウス』 【SHONAN・デザインシステム】
湘南エリアでのコーポラティブハウス紹介サイト「暮らす湘南」を運営している、SHONAN・デザインシステムさんが、現在、神奈川県・鎌倉にて進行中のプロジェクト「鎌倉コーポラティブハウス」の入居者を募集しています。

JR鎌倉駅から徒歩10分の立地に、6世帯のコーポラティブハウスを計画されています。

既に3戸は埋まっているようで、残り3戸について募集中です。

設計担当は、HAN環境・建築設計事務所。

間取りはRC造2階建ての1~2階メゾネットおよび、1~2階フラットの住戸タイプで、全住戸屋上利用可能だそうです。

土地面積は 610.39平方メートル(184.64坪)で、住戸専有面積は、81~87平方メートル。

最多販売価格帯は4,000万円台半ばとのこと。

コンセプト図を見てみましたが、中庭を囲んでコの字型に各住戸が配置されています。

コモンルームというのが見えましたが、お客さんが来られた時に使うのでしょうかね。

「暮らす湘南」の他に「暮らす東横」というサイトも運営されている、SHONAN・デザインシステムですが、ホームページを拝見した所まだコーポラの実績は無いように見受けられました。

今募集している鎌倉や逗子が初プロジェクトということで、今後の完成に向けた取り組みなど、これからチェックしていきたいと思います。

鎌倉コーポラティブハウスのウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

コーポラティブハウス「北沢ハウス」竣工 【コプラス】
コプラスさんの手がけたコーポラティブハウス「北沢ハウス」が竣工したようです。

不動産流通研究所のサイト「R.E.port」に掲載されていました。

総戸数11戸の「北沢ハウス」は小田急線「東北沢」駅徒歩3分で、RC造地下1階地上3階建て、敷地面積562.40平方メートル、延床面積865.35平方メートルの物件。

各住戸間に外階段を配置するなどの工夫で、全住戸角部屋(3~4面窓)を実現したそうです。

普通の分譲マンションであれば、全住戸角部屋というのはほぼあり得ないので、こういった間取りができるのはコーポラならではだと思います。

「専有面積は約70~88平方メートル、販売価格は3,990万~5,640万円、坪単価は232万円(周辺相場が260万~270万円)。入居時期は2012年11月初旬を予定している。」とのこと。

ここで言っている販売価格というのは、インフィル込の価格(最終的な価格)なのか、スケルトンの価格(最初の募集時の価格)なのか、非常に気になります。

恐らく最初の募集時の価格だと思いますが、これが仮に最終インフィル込の価格であれば驚きです。

コーポラティブハウスを今後購入に向けて検討されている方のためにも、そういった部分含めて伝えてもらえると良いと思うのですが…

皆さん多分そこが一番知りたい部分だと思うので。

【2012/12/10追記】
2012年11月29日
計画名称「北沢コーポラティブハウス」が、「北沢ハウス」として無事引渡となったようです。

「北沢ハウス」引渡


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

SBI SLコーポラティブハウスローンファンド6号
コーポラティブハウスのローンファンドがSBIソーシャルレンディングサポート株式会社より来月から出資の募集が始まります。

今回もアーキネット社のコーポラティブハウスのつなぎ融資(コーポラティブハウス建設用地の購入費用)を一般から募集するもので、出資募集金額は16,300万円。

■出資募集期間:

2012年11月1日(木)~2012年11月30日(金)

■運用期間:

2012年12月7日(金) ~ 2014年4月30日(水)

■実質利回(予定)

4.0%(年利)

■担保

不動産の抵当権


以前にも当ブログでSBI社のローンファンドについて取り上げたことがありました。今回は第6回目ということです。

今までローンファンドで悪い話は聞いていないので、まず大丈夫だとは思いますが、今後の情勢を考えると、何が起こるや分からない時代なので、応募するのであれば慎重な検討が必要と思います。

年利4.0%は今の時代なかなか無い利率ですので魅力的ですね。コーポラティブハウスローン利用者への貸出金利は6.0%(年利)を予定しているとのことですので、差し引き2%がSBI社の取り分ということになります。

SBISLコーポラティブハウスローンファンド6号

コーポラは、こういうつなぎ融資で途中お金が掛かってくるということを知っておいたほうがいいです。

現金を潤沢に持っていればこういったつなぎ融資は必要ないですが・・・


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

ルンバ新機種600シリーズ
ルンバの新機種「600シリーズ」が発売開始となったようです。

合わせて同時にルンバ発売10周年記念の「ルンバ10 th Birthday 限定モデル」、「ピンクリボン活動」に賛同した「ピンクリボンモデル」も発売されたみたいです。

ルンバはご存知、ボタンひとつで部屋を自動で掃除するロボット掃除機です。

「人工知能 AWARE」を搭載しており、その場の状況を自ら判断して最適な行動パターンを計算します。

高いごみ除去率でチリやダニの死骸まで、人間以上に丁寧に徹底的に掃除するというから凄い。

階段から誤って落ちないというのは有名です。

そんなルンバですが、我が家でも導入を考えております。

なにせ自動的に掃除してくれるんですから、これは究極の家事の自動化です。

しかもタイマーセットしておけば、外出中に動き出してくれるんですからこれは買わないという選択肢は無いかと。どうしても自分で掃除機を掛けたい!!という強い気持ちをお持ちの方以外は。

ルンバ600シリーズは、ルンバ630/ルンバ620シリーズの2機種のラインナップ。

 

上位モデルの「ルンバ700シリーズ」と同等の掃除能力を持ちながら、シリーズ比最大30,000円安い価格設定となっており、今まで高すぎて手が出なかった方にとっても敷居が低くなっています(我が家含め)。

600シリーズは日本限定の製品仕様となり、日本家屋特有の床やごみに対応する改良型メインブラシを備えています。

気になる価格は620が49,800円、630が54,800円。

引越したタイミングでゲットできるように動きたいと思っています。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

BISLEY(ビスレー)
この前、新宿のコンランショップに行ったんですが、BISLEY(ビスレー)のキャビネットが置いてありました。



以前は置いていなかったと思うのですが、ただ気づいてないだけだったのか・・・

BISLEYはイギリス生まれのスチール家具メーカー。

シンプルな形状かつ独特の色使いが好きです。

スチール×スクエアという組み合わせで、色々なモデルがあります。

オーダーメイドのデスクを造ることもできますが、キャビネットを両側に配置して、その間に天板を配置するという極めてシンプルなもの。まさにシンプル・イズ・ベストを地で行くブランドです。

天板は14種類の中から、目的やお部屋の壁の長さにあわせて5mmピッチで希望のサイズをオーダーできます。5mmピッチというのが購入者側からすると痒いところに手が届くというか。。

キャビネットをリビングの色々な収納庫として一つ置きたいと思っています。

入居してからの楽しみに取って置きます。

BISLEYのウェブサイト

楽天×BISLEY


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

コーポラティブハウスの問題点
当ブログで以前ご紹介させて頂いた、コーポラに申し込まれた後の進捗の様子を書いたブログ「にょにょのコーポラ日記」ですが、かなり更新頻度が高く、度々拝見させてもらっています。

最近の書き込みを見ると、色々苦労されているようで、コーポラティブハウスの問題点を如実に表しているなぁ、と改めて思います。

懇親会続き

エンさまの言葉

コーポラのリスク・問題点としてよく言われるのが、施工会社が倒産したら…とか、組合員の関係が…とか、というのがコーポラに参加したことのない外野からステレオタイプ的に言われることですが、実際にコーポラを体験したものから言うと、そんなことは大したリスク・問題点ではないと思っています。

確かに、施工会社が倒産する可能性もありますし、組合員の仲がうまくいかないということも現実的にはあろうことかと思いますが、それよりも大きなリスクというか、問題点というのは、総予算がなかなか確定しない、そして、総予算は当初の想定予算よりもアップする傾向にある、ということではないか、と思っています。

にょにょさんのコーポラも、多くの方がインフィル予算が当初以上に膨らみ大変な思いをされているとのこと。。

問題点は次の2つかと思います。

①標準仕様の積算が甘い

②インフィル費用が高額になる


①について、コーポラには標準仕様として通常400万くらいのインフィル予算が既に組み込まれているのですが、(額はコーポラ会社やコーポラ毎に変わってくると思いますが)実際に全部標準仕様にしてもらっても、実際に見積り書を見るとそれ以上に費用が掛かってくる事が多いです。

そもそも標準仕様というのが、床はコンクリ、壁はコンクリ、間仕切り無し、等々、これで住むことはできない仕様になっていますので、標準仕様と呼ぶこと自体が問題があるのではないか、と個人的には思います。(標準仕様というのがコーポラ会社によって解釈が異なるようですので、ここはしっかりと確認した方がいいと思います。)

そして、募集段階(計画段階)での標準仕様というのが、細かく見積もった上で出した金額ではないので、設計終了段階での見積りと乖離してしまいます。これはコーポラの宿命というか仕方がない事だと思います。計画段階で、そこまでミリミリと標準仕様のインフィル費用のを出すことは不可能ですし。。

コーポラ会社は、標準仕様についてもう少し考え方というか費用の出し方について、実際の過去の事例含め情報を開示すべきではないかと思います。


②について、これは施主にも問題があると思いますが、設計段階では夢が膨らんで色々な設備をどんどん追加していきます。設計士さんも初期段階ではあまり費用がどれくらい増えるについては言わないので、インフィル費用はどんどん跳ね上がっていきます。

国産で良い物を敢えてかっこ良さを追求して海外ブランドの設備を入れたりだとか、一つ一つの設備に対する増加額は少なくて問題ないと思っても、それが積み重なれば結構な増額となってしまいます。

あとは工賃とか、施工会社の中間マージンが効いてきます。

②については、一度インフィル費用が出てきた所で本当に自分たちに必要な設備は何ぞや、という所を最初に立ち返って精査する必要があると思いますし、それはそれで必要な作業だと思います。ですので、初回の見積りが想定以上の見積額になるのは仕方ない事だと思います。

最初から安い設備だけを入れて見積もっても満足度は低くなるでしょうし、まずは希望の設備を入れて見積りを出してみて、見積りが出てきた後で何が本当に必要な設備なのかを家族内で話し合って削っていくというのは正当なプロセスだと思います。

そして色々考えてどこが安くなりそうか、ここは絶対落とせない設備だとかを考え、設計士さんと値段を下げていくプロセスというのは個人的には中々楽しいものでした。

個人的には当初想定していたインフィル費用よりはかなりアップしたという事実があるのですが、普通のマンションには入らないような設備も色々入れたので費用アップは仕方ないというか当然の結果です。

インフィルが高くなってしまった!というケースの大部分は施主が色んな設備、そして高価な設備を入れたからだと思います。まず文句を言う前に自分の入れた設備を再度見返してみるといいと思います。

問題となるケースは、そんなに高いものを入れた覚えはないのに何故かインフィル予算が高額になった、というケースではないでしょうか。これはインフィル見積り誤り、計画段階の見積り誤りがインフィルに載せられているという場合も考えられるのでちゃんと精査した方がいいと思います。

インフィル費用は当初の標準仕様+1000万円は最低でも見ておいた方がいいと個人的には思います。でも1000万で何でもできるかというとそうではないので気をつけてください。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

自由が丘コーポラティブハウス 【カナエファーム】
インターネットを色々見ていたら、初めて目にするコーポラ会社を見つけました。

カナエファームという会社です。

つい先日、O-haus(自由が丘コーポラティブハウス)を竣工したとのことでホームページに掲載されていました。

カナエファーム / O-haus(自由が丘コーポラティブハウス)

文京本駒込コーポラティブハウスがカナエファームとしてのコーポラ1棟目、そして今回の自由が丘コーポラティブハウスが2棟目のようです。

ただ、担当事例というところを見ると、メンバーの方が都市デザインシステム在籍時に手がけられたコーポラが色々掲載されていましたので、コーポラについての経験は割と豊富な会社なのだと思います。

コーポラ以外にも、分譲マンション・賃貸マンション・複合施設・リノベーション・店舗設計・開発コンサルティングと、手広く手がけられているようです。

今年の頭に【中目黒コーポラティブハウス】の建設組合が結成されたとのことで、今は【中目黒コーポラティブハウス】の竣工目指して取り組まれているのだと思われます。

現在新しいコーポラの募集は無いですが、中目黒が終わればまた新たなコーポラの募集が始まるかもしれませんね。

カナエファーム(canaefirm)のウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

雪谷大塚の集合住宅 【アーキネット】
アーキネットさんに会員登録しているのですが、新しい企画や説明会があるとメールが送られてきます。

毎回冒頭に代表の織山さんのエッセー?が5,6行書かれているのですが、これがなかなか面白いです。

色々な分野の話題があり、読んでいて楽しいですし、そして必ずメールの本題のコーポラと結びつけて締めくくるというスタイルがいいです。

たまに少し強引に話を持っていく所もありますが、それはそれで仕方ないと思います。

これは毎回織山さんが本当に書いているんでしょうかね。気になります。


そんなことはさて置き、少し前に募集開始された「雪谷大塚の集合住宅」をご紹介します。

ロケーションは、大田区雪谷大塚町。全6戸のコーポラティブハウスです。

■計画地概要
所在地 大田区雪谷大塚町
交通 東急池上線「雪が谷大塚」駅 徒歩4分
土地面積 359.46㎡(108.73坪)
接道状況 東側/約11.0m  南側/約5.4mに接する
用途地域 第一種住居地域
建蔽率 60%  
容積率 160%
防火地域 準防火地域
高度地区 第二種高度地区
日影規制 4h/2.5h/4.0m
その他 埋蔵文化財埋蔵地

■建築概要
総戸数 6戸(予定)
構造 鉄筋コンクリート造(RC造)
規模 地上3階(予定)
建築面積 185.68㎡(予定)
延床面積 476.42㎡(予定)
専有面積 71㎡台~86㎡(予定)
募集予算 3995万円~5575万円(予定)
設計 田口知子建築設計事務所(予定)
施工 未定/建設組合設立後、組合の総意により決定
管理 未定/建設組合設立後、組合の総意により決定
権利形態 (専有部分)区分所有
(共用部分)持分割合による所有権の共有

地下住戸は無く、1F-2Fか、2F-3Fかの組み合わせ。

間取りをみてみましたが、テラスが各住戸に組み込まれていたりしてなかなか面白いです。

最近のトレンドとして地下住戸は減少気味なのでしょうか。地下が無いコーポラが増えているように思います。

地価が下がっている事で地下を作らなくてもペイできるようになったからでしょうか。地下は人気がないからでしょうか。。

雪谷大塚の集合住宅のウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

奥澤コーポラティブハウスの躯体見学会とコンセントチェック会
以前に当ブログでも紹介させて頂いた、奥澤コーポラティブハウスの躯体見学会とコンセントチェック会が開催されたようです。

奥澤コーポラティブハウスのウェブサイトに状況がアップされておりました。

躯体見学会とコンセントチェック会を実施したとのこと。

こういった見学会もコーポラならではのことですね。

コンセントチェック会というのは、あまり聞いた事がないイベントですが、実際にコンセントの位置をチェックできるのはいいですよね。

図面上だけでは本当に使いやすい場所にコンセントがあるのか、いまいち分かりづらい面もありますので。

奥澤コーポラティブハウスは年末竣工だそうです。

まだ4戸ほど埋まっていないそうですので、興味のある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

奥澤コーポラティブハウス

それはそうとして、としまち研の新しいコーポラとして、世田谷区松原の羽根木公園の近くでコーポラティブハウスを計画中だそうです。

としまち研としては珍しく低層コーポラでしょうか!?

世田谷区は本当にコーポラティブハウスが多いですよね。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。