コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エレクトロラックスの新型掃除機 エルゴパワー・プラス
ダイソンの新型掃除機DC48の発表と同日、スウェーデンのエレクトロラックスも新型掃除機を発表しました。

「エルゴパワー・プラス」というモデルです。



前モデルのergorapido ZB2933は連続使用時間は20分だったのが、3倍の1時間になったとのこと。

充電時間は4時間です。

エレクトロラックスのコードレスタイプのデメリットとしては、運転時間が短かったこと。前モデルは20分だったので、1回の充電で掃除が終わらないということもあり得ましたが、今回運転時間が1時間に伸びたことで1回の充電で家全体の掃除が終わるレベルに達したと思います。

ただ、1時間といってもノーマルモードなのでパワーモードで運転すると20分しか動かないとのこと。そのあたりはまだまだ改善点がありそうです。

コーポラでメゾネットの場合、掃除での移動距離が長いので、こういったコードレスの方が電源コードの差し替えがなくて楽ですよね。

ウチの次期掃除機はダイソンか、このエレクトロラックス、そしてルンバの3つ巴の選択になりそうです。ただ、ルンバは地下フロア専用になりそうなので、ルンバだけ、ということにはならなそうですが。。

ダイソンとエレクトロラックス、それぞれメリット・デメリットがあるので比較検討して決めたいと思います。


エレクトロラックス・エルゴパワープラスのウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

ダイソンの新型掃除機 DC48
ダイソンが日本市場向けに新型製品を発売しました。

DC48というモデル。



新開発の小型モーターを搭載し、何と従来機DC46と比較して30%の小型化を実現。しかも運転時の騒音も40%低減したとのこと。

以前、5年ほど前でしょうか、掃除機を我が家で買う時にダイソンも検討しましたが、その時はダイソンの掃除機って結構重くて、しかも騒音が凄かった思い出があります。

その時点ではデザインは良くても実際使うとなると重すぎて使いづらそうだなと思って導入を見送った記憶があります。

その時点から年々改良を重ねて、今回の新モデル。

まだ実物は見ていませんが、前回感じた懸念点(重さ、騒音)はほぼ払拭されているように感じます。

ダイソンのネット直販では3/28から先行して販売されているとのことです。

家電量販店では4/18から取り扱い開始とのこと。

「タービンヘッド」と「モーターヘッド」の2モデルがあります。

「タービンヘッド」はモーターは使わず、空気の力でカーボンファイバーブラシを回転させるヘッドを持つモデル。

「モーターヘッド」はモーターで回転するブラシを持ち、カーペットに入り込んだゴミもしっかり取り除くヘッドを持つモデル。

いずれも値段は10万近くするのがネックです。

ダイソンのウェブサイト

ダイソンが新型掃除機「DC48」を発表、高性能モーターの採用で3割小型化し騒音は4割低減

ダイソン新掃除機の心臓部!? 小型・軽量を実現した“デジタルモーター”を開発


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

テレビの買い換え
テレビを買い換えたいと思っています。

今使っているテレビは使用歴が10年を超えた代物で、未だにブラウン管。

画面の大きさも30インチと小さく、今度の家ではちょっと物足りないという感じなので、これを機に大きなサイズのテレビに買い換えようかと思っています。

パナソニックがプラズマテレビ撤退、シャープは鴻海と提携するなど、テレビ業界はどこも大変なこの時代ですが、テレビ自体は以前テレビを買ってからの10年の間にかなり進化していますね。

まずはカタログ等で、候補を選定してからお店に行きたいと思います。

買いたいのは40インチ後半から60インチまでを候補として考えています。

メーカーにこだわりは無いのですが、有名なメーカーは

・ソニー
・東芝
・シャープ
・パナソニック

あたりでしょうか。

外資系となると最近はLGも健闘しているようですし、一応比較したいと思っています。

私のよく見るブログの「丘の上の家」さんはソニーのHX850シリーズを買われたようですが、デザインが非常に洗練していて綺麗ですよね。



様々なメーカーのテレビがあるので色々悩みそうです。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

地下住戸のメリットとデメリット
【Q】
地下住戸のメリットとデメリットについて教えてください。

【A】
地下住戸のメリットとデメリットについて、住んでみての感想をもとに書きます。

■メリット
・室内温度があまり変化がない。3月は朝・晩17~18度でほぼ一定温度を保っています(昼間はいないので分かりません)。真夏と真冬はどうなってしまうか不安ですが、今後報告したいと思います。
・カーテンが不要なため広く見える。


■デメリット
・眺望がない
・雨が降っているのか確認しづらい。晴れているのか曇っているのかも分かりづらいです。
・AM/FMラジオが入りづらい
・携帯の電波が入りづらい

思ったより、デメリットが挙がらなかったのは、それほど地上階と変わらず住めているからだと思います。

住む前は色々と不安でしたが、特段困るようなことは今のところないですね。

心配していたのは、湿気、風の抜け、ですが、ドライエリアを複数箇所設けているため風の抜けは想像以上にあります。

懸念されていた湿気についても特段今のところ大きな問題はないです。まだ梅雨の時期ではないからかもしれませんが。

参考までに今の湿度は大体50%~60%

ネットで調べると、「カビは湿度60%以下、ダニは50%以下にすると、死滅します。 但し、40%以下にすると、ウィルスが活発に活動して、風邪を引きやすくなるので、 下げ過ぎも禁物です。 したがって、室内の湿度管理は常時40~60%、理想は50%に保つと良いと言われています」とのことなので、今は理想の湿度なのかな、と思っています。

ただ、春でこの湿度なので、梅雨の時期どうなってしまうのか不安ではあります。これについても定点観測して報告したいと思います。

FMラジオ、携帯電話の入りづらさについては、対処策を見つけました。これについては別途書きます。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

コーポラティブハウスって住むまで大変?
【Q】
コーポラティブハウスって住むまでどれくらい大変ですか??

【A】
ネットでコーポラティブハウスの事を調べれば分かりますが、コーポラに参加すると住み始めるまで色々と大変です。

どういった点が大変か。おおまかに挙げてみると、

①総会への参加
②設計作業
③インフィル費用調整

①については、大体竣工までに10回くらいの総会が開催されるのが一般的です。
内容は共用部の話ですとか、管理規約の話ですとか、色々とあります。
大体2ヶ月に1回くらいの頻度で、土日のどちらかで開催されます。ただ、総会は基本的に参加すればいいだけなのでそれ程負担ではないと思います。

②については、総会以上の頻度で設計者の方と打合せを重ねました。コーポラに申し込んでからすぐに打合せが始まり、まずは間取りについての打合せ、間取りが決まってからはインフィル設計についての打合せがあります。
工事が始まる前まで、色々と決める事が多いので、大体20回くらいでしょうか?打合せしたように思います。打合せ以外にもメール等での確認もありましたね。

③インフィル設計が固まったら、インフィル見積りが出てきますが、ここで予算内であれば問題ないのですが、大抵予算超過となった見積りが出てくるので、何を削るか、何をダウングレードするかの検討に入ります。見積りの項目が多いので何が高いのか、逆に何が想定よりも安いのかをまず把握して、そこから何を減らすかを検討するので、かなりの労力が必要です。あとは見積り誤りっていう所も多々あったので、自分の場合、全チェックしましたが結構大変でした。

というように、単にコーポラに参加するといっても、普通の分譲マンションを買うのと比べると色々とやることが出てきて大変です。

ただ、大変と言っても自分の思いを住まいにどう落としこむか、に関わる作業なので、自分の場合それ程苦にはならなかったです。

コーポラに向いている人というのは、こういった作業を楽しめる人、だと思います。楽しむためには、やはり、自分の家をどうしたいのか、という明確なビジョンとまではいかなくとも、こだわりがある人でしょうか。

一つの目安としては、分譲マンションの設備・内装・間取りを見て不満を感じるかどうか。

分譲マンションの間取り・設備で何も不満が無い方であれば、敢えてコーポラを選ぶ必要はないかもしれません。

逆に分譲マンションの作りが許せない人はコーポラ向きだと思います。

私の場合は、システムキッチンとかシステムバスというのは嫌だったのもあって、コーポラにしました。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

都立大学テラス オープンハウス 【アーキネット】
コーポラティブハウスについて、今までの経験といいますか、自分なりにコーポラに参加して思った事をFAQ(Frequent Asked Question)という形でまとめていきたいと思っています。

これからコーポラに参加しようと思われている方、また現在参加中だけれども色々と気になることがある方にとって有益な情報となるような情報を載せていければと考えています。

とりあえず、「コーポラFAQ」カテゴリを作ったのでそこにアップしていく予定です。

このブログを全部見て頂けるとそれなりにコーポラについて分かると思いますが、関係ない記事も増えてきたので、FAQに「よくある質問」と思われる事項を載せていければ参考になる情報にすぐにアクセスできるのではと。

「コーポラ問題点」とかのキーワードで検索されてくる方も多いので、コーポラに興味はあっても「コーポラって実際の所情報もなくてホントに大丈夫??」と思われているひとも多いはず。

FAQで書いていくことはあくまで個人的な経験を基にしたものとなるので、コーポラ会社によっても色々と違ってくるため一概にこれから書いていくことが、全て同じだとは言えない部分も多いかと思いますが、参考程度に見てもらえればと思います。


さて、今日の本題は「都立大学テラス オープンハウス」について。

3月31日(日)10:30-16:30に都立大学テラスのオープンハウスが開催されるそうです。

コーポラティブハウスのオープンハウスはアーキネットさん以外あまり見たことがないので、こういった機会は非常に貴重だと思いますのでコーポラを考えている方は行ってみてはいかがでしょうか。

分譲マンションのマンションギャラリーのように、行ったからといって営業攻勢に遭うということも無いと思いますので。

■オープンハウス概要

・場所:都立大学テラス
・竣工:2011年
・住所:目黒区中根2丁目
・日時:3月31日(日)10:30-16:30
・交通:東急東横線「都立大学」駅徒歩5分
・開催戸数:4戸(予定)
・お申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

↓申し込みはコチラ
http://www.archinet.co.jp/s/cpl017.html

↓都立大学テラスの写真ページ
http://www.archinet.co.jp/g/20021150/


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

ACTUS 新宿店
新宿三丁目にあるインテリアショップ「ACTUS」新宿店。

ACTUS_0585.jpg

ACTUS_0583.jpg

ここへは何度か足を運びました。

1Fが雑貨・小物類の展示となっていて、2Fが家具ですとかキッチン類が展示されています。

ACTUS_0582.jpg

ACTUS_0581.jpg

ACTUS_0580.jpg


全体的に高級志向のお店なので、どれもそれなりのお値段がします。

特に2階に高級キッチンシステムであるポーゲンポール(poggenpohl)のキッチンがいくつか展示されていて、これは結構見応えがあります。

国産のキッチンメーカーが出しているシステムキッチンとは質感、そして高級感がまるで違いました。値段を考えると当たり前の事ですが、ポーゲンポールを見た後でヤマハなどのシステムキッチンを見ると落差が凄いです。

クルマに例えるとフェラーリを見た後でカローラを見るようなものです。

当然我が家にもポーゲンポールなど入るわけもなく、あくまで参考として見に行った訳ですが、参考になる部分はキッチンに反映させることが出来たと思います。

ポーゲンポールでステンレス天板のキッチンが置いてあったのですが、そのイメージが結構気に入ったので、家のキッチンではステンレス バイブレーションの天板を採用しました。

システムキッチンでもステンレス天板のキッチンはあることはありますが、ステンレスの質感が安っぽく、どうもそれを入れる気にはならなかったので、造作キッチンで良い感じのステンレス バイブレーション仕上げにしてもらいました。


-----------------------------------------------------------
ADDRESS 東京都新宿区新宿2-19-1 BYGSビル1・2階
TEL 03-3350-6011  OPEN 11:00~20:00
-----------------------------------------------------------

ACTUS(アクタス)の公式ウェブサイト

ポーゲンポールの公式ウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

コーポラティブハウス「羽根木の森レジデンス」の新たな試み
当ブログで何度かご紹介したコーポラティブハウス「羽根木の森レジデンス」ですが、新たな試みとして、「分譲マンションと同等の間取り図などを用意した物件が登場した。」ということで、ケンプラッツに記事が出ていました。

(閲覧には日経オンラインIDが必要です。)

『自由設計を基本とするコーポラティブハウスに住まい手が参加しやすいよう、分譲マンションと同等の間取り図などを用意』したという「羽根木の森レジデンス」ですが、

『参加者募集時に通常の分譲マンションと同等レベルの住戸設計図を作成した。これを基本仕様と位置付けたうえで、各住戸の設計方法について住まい手が3つの設計コースを選べるようにした。

 設計者が用意した基本仕様をそのまま施工する「プラットフォームプランコース」、基本仕様に一部の間取り変更や、設備変更などのオプションを追加する「カスタマイズコース」、スケルトンの状態から自由に設計する「完全自由設計コース」』の3つのコースが用意されたとのこと。

結果として、『17戸中9戸がカスタマイズコース、8戸が完全自由設計コースを選択した』とのことです。

コプラスにおける基本仕様はどういった仕様なのかは分かりませんが、分譲マンションと同等の間取り程度と考えて良いかと思います。

コーポラなので、基本仕様そのままで施行する「プラットフォームプランコース」はまず無いだろうと思いましたが、案の定ゼロ。

「カスタマイズコース」、「完全自由設計コース」ですが、意外に「カスタマイズコース」を選ぶ方が多いのにはびっくりしました。コーポラなら完全自由設計だろうというのが私の考えですが、最近ではそうではない事例も増えているのですね。その流れを受けて、コプラスはこのコースを作ったということでしょうね。

恐らくシステムキッチンですとかシステムバスとかを基本仕様そのままで施行するという方がこれに当てはまるのではないかと思います。

予算の関係や、自由設計にすることによる決定事項の大変さに煩わされたく無い方は基本仕様を選ぶのは合理的な選択だと思います。

でも今までもこういった基本仕様というか、システムキッチンやシステムバスを取り入れるというのはコーポラの中でもあったと思うので、取り立てて新しい取り組みという訳ではないはずです。「カスタマイズコース」というコースを作って施主にわかりやすく見せてコーポラのハードルを下げた、というのが新鮮という事でしょうか。


図面付きでハードルを下げたコーポラティブハウス


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

IKEA港北に行ってきた
IKEA港北に行ってきました。

コーポラに置く家具を買うためです。

過去2回程行った事がありますが、今回はそんなに混んでいませんでした。

開店当初はすごい混みようで、レストランは長蛇の列でしたが、今回は並ばずに買えました。行った時間が夕方だった事もありますが。

まずは腹ごしらえしてからということで、IKEAレストランへ。

ご存知のかたは多いと思いますが、セルフ式で好きなものをトレーに載せていって最後お会計という形式です。

結構1品1品が安いので、ついつい色んなものを取ってしまいます。

そして、お会計は結構高額になってしまうというのがいつものパターン。

IKEA_34.jpg

フレンチフライのLサイズが半端ない量だったので気をつけてください。

味の方は、中の下といった感じですが、価格に見合った味と言えなくもないです。

そんな食事の話は置いといて、肝心な家具について。

IKEAと言えば、低価格でそこそこの品質という触れ込みです。

実際モノを見て感じるのは、遠くから見ると割と良い感じに見えても至近で見ると素材感が安っぽいのは否めません。

値段は確かに安いことは安いです。同じ品質のものを他店で買おうと思うと、その値段で買うことはできないのは確か。そういう意味ではそこそこの品質のものを安く手に入れるには最適のお店だと思います。

こだわりのあるものを求めている方にとっては、あまりおすすめできません。

IKEA_03.jpg

かなり広大な店内なので、見て回るだけでも大変で半日は見ておいておいた方がいいです。

IKEAの公式ウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

わがままな、家。
駅で見かけたBrutusの広告。

「わがままな、家。」 <それでも、都市に家を建てたい>

casa_brutus_97.jpg


まだ中身見れてないですが、個性的な家が色々と紹介されているようなので読んでみたいと思います。

画一的なマンションではなく、こういう個性的な家に惹かれます。

折角人生で一番高い買い物をするわけですから、自分の暮らし方に合った住まいを建てる方が面白いですし、住んだ後の満足感も高いと思います。

Brutusの公式ウェブサイト




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。