コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シェララフィアの枕
コーポラティブハウスの引っ越しに合わせて布団からセンベラのベッドに変えました。

で、マットレスはシェララフィアです。シェララフィアのマットレスはいくつか種類があるのですが、選んだのは「ウルトラプラス」。

カタログによると、「ウルトラプラス」は3層構造、高いフィット感と高い反発力というのが売りなのですが、実際寝てみて、体の沈み込み具合とか硬さは、シェララフィアのマットレスの中で一番良かったです。

まあ、一番グレードが高いので当たり前と言えば当たり前なのですが。

実際、五反田のセンベラ(シェララフィア)ショップに行って試してみられることをおすすめします。睡眠は一日の中でも3分の1近くを占める時間なのでじっくりと選んだ方が良いです。




で、枕は引越し前から変えていなかったのですが、そろそろ新しい枕にしようかということで、ベッドを選んだ時に試して結構よかったシェララフィアの枕を再度見に行ってみることに。

が、祝日は五反田のショールームは閉まってました。。土日なら開いているのですが、祝日は休みのようです。

shlaraffia_173.jpg

shlaraffia_172.jpg

・センシピュアーコンフォート
・ブルテックスコンフォート
・ゲルテックスソフトピロー

の3種類ありますが、どれが一番良かったのか忘れてしまったのでもう一度実際試して決めたいと思います。

シェララフィア東京ショールーム


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

大井町陽だまりテラス【アーキネット】
アーキネットさんで現在募集中のコーポラティブハウスプロジェクト「大井町陽だまりテラス」を紹介します。

oimachi_hidamari.jpg

地下なし全12戸のコーポラティブハウスです。プロジェクト名に「陽だまり」が付いているように、全戸で外部に対して大きな開口部を持つのが特徴。

しかも、開口部の大きさをある程度自由に設定することが可能で、その開口部に対して視線・光・風をコントロールする何種類かのルーバーを組み込むことも可能とのこと。

名前の通り陽が大きく差し込む、温かみのある家が出来上がりそうです。

立地も人気の品川区だけあって、2月に募集開始してから既に半数以上申し込み済みなので、全戸埋まるのも早いのではないでしょうか。


■大井町陽だまりテラス
・計画地:東京都品川区大井6丁目。
・交通 :JR京浜東北線「大井町」駅徒歩14分、他2線利用可。
・立地 :南東傾斜の中腹に位置し、南側隣地から約1.2m高くなっています。
・設計 :山下保博/アトリエ天工人(予定)。
・計画 :外部に対して大きな開口部を持つ「陽だまりテラス」が特長です。
     開口部の大きさは、ある程度自由に設定できます。
     この開口部にルーバーを設け、視線や光・風をコントロールすることもできます。
     住戸内の廊下を少なくする動線計画によって、合理的な間取りができます。
     ママ用自転車置場スペース及び2台分の駐輪ラックを設置し、全戸3台まで駐輪可能です。
・規模 :地上3階地下なし、鉄筋コンクリート構造(予定)
・総戸数:12戸(予定)
・駐輪場:各戸3台(予定)
・駐車場:なし
・専有面積:約60.5-87.5平米(予定)
・想定予算:3,490-5,760万円(税・諸経費込)

http://www.archinet.co.jp/p/20021242/
からプロジェクトの最新情報等ご覧になれます。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

世界でいちばん住みたい家。 【PEN】
Pen (ペン) 2014年 4/1号は家特集。

「世界でいちばん住みたい家。」



20組の家の中の様子が写真とともに紹介されています。

当たり前ですが、20組の家があれば当然20通りの間取り、インテリアがあります。今回の特集を見て、やはり家はその人のライフスタイルを反映しているのだな、と感じました。

家の中で自営で仕事をされている方は当然、仕事と結びついたインテリア、設備になってきますし、音楽好きであれば音楽中心のインテリアで構成されていきます。

今回見た中では、1組だけコーポラティブハウスの家が掲載されていました。

持ち家ではなく賃貸とのことでしたので、設計から関わってはいないと思いますが、既にある間取りをうまく利用したコーディネートをされていました。スキップフロアのコーポラでしたが、部屋と部屋がドアではなく、階段でつながっているというものなので開放感があっていいですね。

理想の家を作るのはまず自分のライフスタイルを見つめ、何が必要で何が不要かを見極めること。何でもかんでもというのは予算も限られる中無理なので、無駄を削ってこれだけは必要というものを取り入れて行くことが必要です。

分譲マンションはあくまでも誰にとっても必要と思われるものを取り入れた間取りとなっているため、誰にとっても住みやすい家かというとそうではないと思います。

分譲マンションはモノによっては要らないものも含まれていますので、住みたい家を作りたいのであれば一戸建てか、コーポラティブハウスを選ぶのが良いと思います。




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

コーポラ地下住戸室温(3月上旬) 【備忘】
早いもので3月です。

いつものように定点観測。

地下住戸の室温と湿度について、3月上旬の記録です。(暖房を付けない状態での話です)

3月上旬の室温は朝で大体14度後半~15度台です。

3月に入りましたが、最近寒い日が続いており、今日は朝起きると14.9度でした。さすがに寒さは底を打ったと思いますので、これからはどんどん気温は上がってくると思います。室温もそれに伴い上昇してくることでしょう。

コーポラティブハウスに住み始めて初めて一冬を越しましたが、冬の最低室温は14.3度でした。

想像以上に暖かい家ですね。

以前住んでいた賃貸は、真冬の深夜になると脚元がかなり冷え込んできましたが、コーポラ地下住戸はそれがあまり無いです。

夜になるとやや冷えますが、底冷えするという感覚が無いです。


ただ、一番辛いのはお風呂ですね。

賃貸住宅の時はユニットバス(窓無し)で冷気は入ってこなかったですが、今回造作風呂で窓もあり、しかも風呂場の面積も広いので結構寒いです。

その点を除けば快適な生活を送れています。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

自転車壁掛け MIKILI
自転車壁掛けとして、我が家はCyclocを導入しましたが、調べてみると他にもおしゃれな自転車壁掛けアイテムがあることを知りましたのでご紹介します。

MIKILIというブランドの自転車壁掛けです。ドイツの会社のようです。

SLIT,TIAN,KAPPOという3つの壁掛けタイプがあります。

SLITは下の写真のように、壁から90度に突き出た板の上にフレームを載せるタイプ。自転車を載せない時は畳むことができて場所を取りません。
SLIT-white-web-02-566x415.jpg


TIANは下の写真のように、壁に取り付けられたボックスの上にフレームを載せるタイプ。ボックスの中には色々な自転車用小物を収納できるので何かと便利です。
TIAN_Oak_white_web_01-566x415.jpg


KAPPOは下の写真のように、こちらも壁に取り付けた変形ボックスの間にフレームを載せるタイプ。自転車のヘルメットや、本も収納できたり、色々な物を置くことができます。
mikili_kappo_weiss_white_web_1-566x415.jpg

Cyclocを買う前にMIKILIの壁掛けを知っていたら、こちらを買っていたかもしれません。デザイン的にはCyclocよりも秀逸だと思います。

値段を見てみましたが、

SLIT:195.00 €
TIAN:345.00 €
KAPPO:349.00 €

最近の円安により、KAPPOに至っては5万円くらいしてしまいます。値段は高いですが、部屋にしっくりと馴染むので壁掛けを選ぶのであれば候補の一つにしても良いと思います。

MIKILIのウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

南雪谷テラス価格改定 【コプラス】
昨年11月に当ブログで紹介させて頂いた、中古コーポラティブハウス「南雪谷テラス」が価格改定したようです。

minami_yukigaya2.gif
(画像はコプラス様よりお借りしました)

価格は5380万円→5180万円と、200万円の値下がりです。

以前も書いたかもしれませんが、コーポラティブハウスは施主の思いが入りすぎて、ややもすれば他の人にとっては不要・過剰と思えるような設備も入っていたりして、実のところ中古として売るのは結構大変な気がしています。

買い主が売り主と同じような趣向を持っていればすぐに売却も可能だと思いますが、すぐに趣向が合う買い手に出会うのは至難の業だと思います。

コーポラはずっと住み続けることを前提に買わないと、後で中古で売ればいいやという軽い考えで建てると、いざ売りに出すときに大幅な値下げをするか、長期間買い手を待ち続けるということになる場合が多いです。


ちなみに、この南雪谷テラス、地下1階と1階のメゾネットです。

間取りを見てみましたが、地下1階はリビング、キッチン、そして防音室も兼ねた「スタジオ」。地上1階は浴室や寝室・WICがあります。

地下1階の防音室も兼ねた「スタジオ」は地下に設置されていることで誰にも気兼ねなく音楽の練習や音楽を聞くことができるようです。

地下1階はドライエリアが南北に2箇所あるため、風通しは良いと思われます。南にドライエリアがあるので、日中は陽が入っているのではないでしょうか。

<物件概要>
■所在地
東京都大田区南雪谷4丁目
■交通
東急池上線
「雪が谷大塚」駅 徒歩5分
「御嶽山」駅 徒歩6分
■価格
5,380万円
■階数
地下1階・地上1階
■専有面積
77.66m2(吹抜約4.5m2含)
■間取り
1LDK+スタジオ+WIC
■築年
2004年1月
■向き



「南雪谷テラス」のウェブサイト


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

2段ブーストサイクロン 日立 CV-SY300の使い勝手
今まで使っていた掃除機が壊れたので新しい掃除機を購入しました。

新しい掃除機は日立の2段ブーストサイクロン (小型ハイパワータイプ) CV-SY300というモデル。

CV-SY300_83.jpg

ヤマダ電機に行ってお店の人に色々と聞いた結果これになりました。

最近人気のダイソンは絨毯の家を想定した作りになっているとのことで、フローリングにはあまり相性が良くないそうです。

階段の掃除もあるので、なるべく軽い物、そして何よりも排気が綺麗なものを希望しました。

日立の掃除機では99.999%排気を綺麗にしてくれるタイプのあるとのことでしたが、そこまでは不要ということで、中位モデルの「CV-SY300」となりました。

CV-SY300_84.jpg

CV-SY300_87.jpg

CV-SY300_88.jpg

CV-SY300_85.jpg

使ってみての感想ですが、前使っていた掃除機よりも軽いのが一番ありがたいです。前のは5kg以上あったので、腕がパンパンになりましたが、今回の日立は3kgですがずいぶんと軽く感じます。

あとはヘッドにモーターが付いていて掃除が楽ってところでしょうか。

ヘッドにセンサーが付いていて、ゴミを検知すると強モードが動作する、という機能もあるのですが、最初は物珍しいので使ってましたが掃除の時間が長くなるので最近は使ってないです。

ダストケースにティッシュを被せるというのがデフォルトの使い方というのがちょっと謎ですが、フィルターが故障するのも嫌なので仕方ないですね。

ヤマダ電機で35,000円でしたが、ネットだと3万円を切っているお店もありますね。事前に値段を調べて交渉すべきでしたね。。。




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

サイクロック(Cycloc)を取り付けてみました
以前のブログ記事で、自転車を室内に壁掛けするためのラックとしてサイクロック(Cycloc)を購入したことを書きました。

自転車壁掛けCycloc(サイクロック)注文!

その後、Cyclocを実際に取り付けた様子をアップしていなかったので、載せておきます。

2台の自転車を上下に壁掛けしているので、下の自転車は床すれすれです。前後のバランスがちょっとずれていますね。
cycloc_20.jpg

近づいて撮影してみました。
cycloc_22.jpg

cycloc_25.jpg

cycloc_24.jpg

cycloc_23.jpg

実際に取り付けてみるまでうまく壁掛けできるか心配だったのですが、ちゃんと壁掛けできました。場所をそれほど取らずに自転車を置けます。

Cyclocは壁に3つ穴を開けて10cmくらいのネジで固定するというやり方なので、賃貸住宅ではちょっと取り付けは難しいと思います。(大家さんと相談ですかね。)

持ち家であれば遠慮なく取り付けできるので、持ち家で家に自転車を置きたい方にはおすすめです。




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。