コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
繰り上げ返済を計画中
コーポラティブハウスに住み始めて1年以上経過したところで、そろそろローンの繰り上げ返済をしようかという話をしています。ボーナスも出たことで少し余裕資金が溜まってきたというのもあります。

我が家はフラット35で借りているのですが、変動金利のような月々の金利変動リスクは無いものの、金利利息分の借り入れが結構多いというのがネックです。

あとは返済期間が35年ということで、このまま繰り上げ返済しないと定年を超えてしまって返せない、ということにもなりかねないですし、定年まで働き続けられるかも分からないので少しでも早く返してしまいたいと考えています。

繰り上げ返済はおおまかに2つあって、「期間短縮型」と「返済額軽減型」というのがあります。今回は「期間短縮型」を選ぼうと思っています。

繰り上げ返済については色々なウェブサイトで繰り上げ返済について書いてあるので、調べるとすぐ分かります。

今住宅ローンを借りているところは繰り上げ返済費用は無料ということなので、今後も積極的に繰り上げ返済をしていきたいです。改めて借り入れ表を見ると、先が長すぎて気が遠くなってしまいました。そして、果たして無事完済できるのか?と不安になりましたが、家賃と思って返していきたいです。

で、話はコーポラティブハウスに移りますが、コーポラティブが他の分譲マンションや一戸建てよりもリスクがある部分としては、「物件引き渡し時の金利が読みづらい」ということがあると思います。

コーポラに申し込んでから実際に住み始めるまでには2年間くらいの間が空きます。ローンを組むのは実際に住み始める時になり、住み始める時の金利が適用されることになります。

これはマンションも同じでしょうが、マンションであれば2年待つことは余程の事が無い限りないと思いますし、既に竣工済みのマンションを買えば金利が読めない、というリスクはありません。

コーポラの場合は2年後の金利が読めないうちにコーポラの契約を進めることになるのですが、2年後の住宅ローンを組むときの金利がコーポラ申し込み時よりも上がっているか、下がっているかは運次第です。

最近は住宅ローンの金利はかなり低い状態に落ち着いていますが、これが2年後も同じ金利かどうかは正直誰にも分かりません。

1%住宅ローンが上がると数百万円支払い額が違ってきますので、かなり大きなリスクになります。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

結局コーポラは買いなのか、どうなのか!?
このブログで、コーポラについて書き続けていますが、結局のところ、コーポラを建てて1年住んでみてどうだったのか、書きたいと思います。

結論から先に書くと、コーポラを建てて住んで満足度の方が高いです。

特にコーポラの特徴である、自由に住む人に合わせて設計ができるという点が大きいですね。分譲マンションだとお仕着せの間取りと設備になり、自由度がきかないですが、コーポラの場合は重きを置く設備を自由に選べて、メリハリのきいた設計ができることで、値段も抑える事ができるので良い点だと感じます。

周りの分譲マンションに比べて割安に(インフィル設備の豪華さにもよりますが)建てられることができるので、同じ予算でも「都心」に家を建てられます。

実際、私の場合でも今住んでいる場所で分譲マンションや一戸建てを買おうとすると、1000万円以上高い買い物になってしまい、とても買うことができませんが、コーポラなので今の場所で物件を買えました。

分譲マンションのネームバリューを重視したり、今後の売却を考えているのであれば、分譲マンションを選ぶ事をおすすめしますが、そうではない場合は、コーポラを選ばない理由は無いような気がします。

もちろん、設計から建築工事まで時間がかかるので気長に待つ必要がありますが。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

ヘンケルスの包丁立て(ナイフブロック)
ずっと探していた包丁立てを購入しました。

ヘンケルスのナイフブロックです。

HENCKELS_knife_block_07.jpg

ヘンケルスの包丁立ては3本用、5本用があるのですが、購入したのは5本用。

5本も包丁は無いのですが、今後増えた時のために大きめを購入。

下は料理用ハサミを収納できます。
HENCKELS_knife_block_08.jpg

横から見るとこんな感じです。
HENCKELS_knife_block_06.jpg

包丁が出し入れしやすく、しかも見た目もデザインが良くていい感じです。底面はゴムが貼ってあって滑りにくくなっています。

包丁とこのナイフブロックのセットが売られていますが、我が家は包丁は既にあるのでナイフブロックのみの購入です。ちなみに、YOSHIKINの包丁を使っています。

HENCKELS_knife_block_09.jpg




「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

コーポラ地下住戸室温(6月前半) 【備忘】
恒例の地下住戸室温について書きます。

6月前半の室温、そして湿度も書きます。

先週、6月1週目は新聞も賑わわせたように、非常に気温が高く、熱中症で倒れた方も非常に多かったですね。東京でも30度を超えた日々が続きました。

その日、地下住戸の室温は25度を記録しました。去年の記事を見返してみると、25度を超えたのは6月15日と書いていたので半月早く25度超えを達成。

そして先週末から梅雨入りし、室温はやや下がって23度から24度を行ったり来たりです。

湿度は梅雨に入って大幅に上昇し、現在74%。洗濯物が乾きづらい数字です。そして、フローリングの隙間が湿度の影響で塞がってしまいました。

冬場などの湿度が低い時はフローリングの隙間は開いてくるのですが、湿度が高いと閉まってしまうというのは面白いです。無垢フローリングならではの現象です。

話は戻って、室温は今は一番いい時期ですね。まだ扇風機の必要は無いです。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。