FC2ブログ
コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三宿プロジェクトのその後 【コプラス】
昨年8月に当ブログで紹介させて頂いた、コプラスさんの「三宿プロジェクト」。

久しぶりにコプラスさんのウェブサイトを訪問してみると、まだ2戸申し込み待ちとなっていました。
既に組合が結成され事業がスタートしているのかは分かりませんでしたが、既に8割申し込みがあるのでスタートしているかもしれません。

で、申し込み待ちの2戸について見てみると少し値段が高いな、と感じまして。

mishuku_project_2016.jpg

69.51平米で6,070万円
84.38平米で7,970万円

平米単価は90万前後。

コーポラティブハウスにしては正直高いと思います。しかもこれは標準設備での価格。
インフィルアップグレードで1,000万円増えるとして7,000万円以上の価格となります。

念の為に以前紹介した時の値段を見てみました。
何と、600万円増えている!!

という事実に気づきました。

増えた理由は不明ですが、最初の想定よりも建築費用が高騰しているのでしょうかね。
作業員の賃金が増えていたり、資材が高騰していたり、っていうのが定番の理由ですが、この三宿プロジェクトも同様なのでしょうか。

それにしても600万円って結構な額だと思います。

月15万円のローン返済であれば3年半くらい分です。

各住戸均等に600万円ずつ増えたのならまだ分かりますが、この2戸だけに建築費増加分を押し付けているのであればこれから申し込む方は注意した方がいいです。

全戸負担であれば600万円*10=6,000万円の増加。
いくらなんでも6000万円も見積もりよりもブレたりはしないと思うので、2戸に押し付けられた系が濃厚な気がしますが、真相は分からないです。

私の場合は建築費が途中で増えたっていうのは若干あったと思いますが、600万も増えた事は無かったと記憶してます。
ただ、インフィル代が高かったので、いくらかはそこに潜り込んでいるのかもしれませんが、実際の所不明です。

書いていて思い出したのですが、コーポラティブハウスの募集時の価格は設計時の概算なので、書かれている価格ピッタリで建築できるというのはほぼ無いと思います。施主側か、施工側にどちらか追加の費用が発生することがほとんどだと思います(逆に募集時の価格以下で建てられたら素晴らしいことです)。

設計時の見積もりが甘かったり、設計時に想定していた工賃や資材の価格が実際に建てる時期の価格と異なっていたり、とか色々理由はあると思いますが、この募集時の価格っていうのは注意した方がいいです。

最初の時点で「この価格は概算で増減があります」、と書くのが正直だと思いますが、そうすると誰も申し込まないような気がします。難しいところです。

三宿プロジェクトのプラン・価格


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。