コーポラティブハウスという生活 -
コーポラティブハウスの新着おすすめ物件紹介や、コーポラティブハウスを建てるまでの取り組みなど。コーポラが完成したので、インテリア、雑貨に関わる話題も書いていきます。

<advertisement>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーポラ地下住戸室温(1月末) 【備忘】
入居当初から定期的にレポートしているコーポラ地下住戸室温について。
基本的に個人的備忘録で書いているのですが、コーポラティブハウスの地下住戸を考えていらっしゃる方に参考になればと思い、公開しています。

ただ、地下住戸と言っても、間取り(ドライエリアの数、吹き抜けのあり・なし、階段の構造等々)によって左右されると思いますので、我が家の地下住戸の状況が他の地下住戸と同じかというとそうでは無いと思いますのでご了承下さい。

さて、今年の冬は非常に寒く、つい先日は48年ぶりの低気温ということで話題になったとおり、非常に寒い日が続いています。大雪も降りましたし。

そんな最近の非常に寒い日の、コーポラティブハウスの地下住戸の室温はどうなのか!?レポートしたいと思います。

昨日も夜明け前はおそらく外は氷点下を記録した非常に寒い日でしたが、朝8時前の地下住戸室温はというと、

RoomTemperature_201801_8366.jpg

14.6度

湿度が30%というところが気になります。湿度があと10%くらい欲しいですね。

室温に関しては、エアコンなしでこの室温で保ってくれるのでそれほど冷え込む事はありません。
窓側近くに行くと冷気を感じますが、室温はそれほど下がらず保ってくれてますね。

入居してから室温を定期的にウォッチしていますが、最低は13度台までしか下がりませんね。12度台というのは見たことがないです。

体感的には17度~23度くらいの室温がとても快適です。
時期としては春と秋ですね。

はやく春になりますように。。。


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

スポンサーサイト

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ

コーポラティブハウスが舞台のドラマ 『隣の家族は青く見える』
1月からコーポラティブハウスが舞台のドラマが放映されていますね。
『隣の家族は青く見える』というドラマです。

私はドラマを見ていないのですが、ネット情報によるとコーポラティブハウスに住む家族の繋がりや、家族内の様々な問題を取り扱ったドラマだそうです。

妊活とか話題のテーマをコーポラティブハウスに住む住民と絡めて話が進んでいくという物語。

実際、分譲マンションでは味わえないような他の家族との緩やかな繋がりがコーポラティブハウスにはありますね。
密すぎず疎すぎずという感じですかね。

このドラマを機にコーポラティブハウスに興味を持つ人が増えてくると良いですね。

『隣の家族は青く見える』


「コーポラティブハウスという生活」はブログランキングに参加しています。他のコーポラブログはコチラから見ることができます。↓↓↓

テーマ:コーポラティブハウス - ジャンル:ライフ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。